ニュース

都営地下鉄の列車内で無料Wi-Fi、2020年までに全編成に導入へ

 東京都交通局とNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、都営地下鉄の4路線の列車内で無料の公衆無線LANサービスの整備を開始する。2月5日に都営浅草線の1編成でのサービス提供開始を皮切りに、2020年の3月までに順次全編成に導入する。

列車内に掲示されるステッカー
都営浅草線の車両

 無料Wi-Fiサービスの導入は、東京オリンピックが開催される2020年を見据えたもので、浅草線(27編成)から開始され、大江戸線(55編成)→三田線(37編成)→新宿線(28編成)の順で順次整備される。NTTBPとWi2がそれぞれ機器を設置してサービスを提供する。Wi2の広報によると、Wi2側のバックボーンにはUQコミュニケーションズのネットワークを利用しているという。

 導入された車両では、NTTBPとWi2の提供するWi-Fiサービスが利用できる。NTTBPでは「都営地下鉄フリーWi-Fi」として、1回180分間、誰でも無料のWi-Fiサービスを提供する。

 訪日外国人向けのWi-FiサービスではNTTBPの「JAPAN Connected-free Wi-Fi」とWi2の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」に対応する。

 各キャリアのユーザー向けのサービスでは「docomo Wi-Fi」と「au Wi-Fi SPOT」「UQ Wi-Fi プレミアム」が利用できるようになる。また、Wi2の「Wi2 300」のスポットとしても利用可能。

 なお、浅草線など他社線に乗り入れる都営線車両については、電波状況によっては他社線内でも利用できる。一方で、都営線内に乗り入れる他社線の車両については、今回の整備の対象外。

(石井 徹)