ニュース

撮ってすぐスマホに送る、選んで送れる――カシオの新EXILIM

 カシオ計算機は、スマートフォンとの連携機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「EXLIM EX-ZR1700/1750」を2月5日に発売する。オープンプライスだが、店頭価格は4万円程度になる見込み。

EXLIM EX-ZR1700

 「EXLIM EX-ZR1700/1750」は、Bluetooth Low Energyでスマートフォンと常時接続し、撮影した写真をWi-Fiで転送する。撮影した写真をすべてスマートフォンに送信するモードのほか、お気に入りの画像を選んで送信したり、自分撮りした写真や顔検出した写真、顔検出していない写真を選択して送信したりできる。

 写真共有アプリの「Scene」と連携した共有機能を搭載。カメラの操作だけで、撮影した写真をスマートフォンを介してオンラインアルバムにアップロードし、共有するためのQRコードをカメラ画面上に表示できる。

QRコードの表示イメージ

 また、スマートフォンの位置情報を元に、撮影した写真に位置情報を追加することもできる。スマートフォンアプリ「EXLIM Connect」はiOSとAndroidに対応。

 カメラは約1610万画素で1/2.3インチのセンサーを搭載。光学18倍ズームと超解像ズームで最大36倍のズームが可能。人の顔を検出して肌をなめらかにするメイクアップ機能、自分撮りをフィルターでアレンジする「セルフィーアート」などの機能を備える。

 サイズは約108.3×61.5×33.6mm。「EX-ZR1700」のカラーはゴールド、シルバー、ワインレッドの3色。「EX-ZR1750」は、14言語に対応した訪日外国人観光客向けのモデルで、カラーはホワイトのみ。

「EX-ZR1700」ゴールド
シルバー
ワインレッド
「EX-ZR1750」ホワイト

(石井 徹)