ニュース

「LINE」2015年の売上が1000億円突破

 LINEは、2015年第4四半期(10〜12月期)と、2015年通期の業績を発表した。

 2015年第4四半期(10〜12月期)のLINEの連結売上は、前年同期比26%増の326億円、2015年通期では前年比40%増の1207億円になった。サービス別の割合は、コンテンツが41%、コミュニケーションが24%、広告が30%、その他が5%になっている。

 基幹事業である「LINE」事業については、第4四半期の売上が前年同期比29%増の300億円、2015年通期の売上は前年比43%増の1105億円だった。

 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)はグローバルで約2億1500万人。主要4地域となる日本、タイ、台湾、インドネシアのMAUは、2015年12月末で約1億4470万人になった。

 「コミュニケーション」分野で売上の主軸になっているスタンプは国内外で堅調に推移。「コンテンツ」分野の主軸のゲームは、新タイトルの投入に加えて、「LINE:ディズニーツムツム」など既存タイトルが海外で売上を伸ばした。新サービスの「LINE NEWS」「LINE LIVE」は開始直後からユーザー数が順調に拡大している。

 広告は公式アカウントやスポンサードスタンプなどの利用が進み、売上に占める割合が拡大した。タイムライン機能に広告を配信する機能は、トライアル運用の結果をみて本格運用を開始する予定としている。

(太田 亮三)