ニュース

フリマアプリによる売買経験者が増加傾向に。人気アプリは「メルカリ」

 MMD研究所(MMDLabo)とコロプラ提供のリサーチサービス「スマートアンサー」は、「2016年1月フリマアプリに関する利用実態調査」を共同で実施し、その結果を29日に発表した。調査期間は1月15日〜16日。調査対象は、事前調査でフリマアプリの利用経験があると回答した13歳〜39歳の男女1805人のスマートフォンユーザー。

 事前調査では、スマートフォンユーザーの10〜60代の男女2万2003人に対してフリマアプリの利用経験を質問。結果は、「現在利用している」の回答が22.0%、「過去に利用したことがある」は13.7%、計35.7%となった。2015年に実施した同様の調査では計31.1%であり、4.6ポイント上昇している。

 フリマアプリの利用状況に関する質問に対しては、「閲覧のみ」の回答割合が最も高く39.8%。「出品・購入の両方したことがある」32.2%、「購入したことがある」17.8%、「出品したことがある」10.2%と続いた。2015年の調査結果より「閲覧のみ」の回答割合が13.9ポイント減少し、売買経験のある人の割合が増加している。

 また、フリマアプリを現在利用していると回答した人(1169人)を対象に、一番利用しているフリマアプリを聞いたところ、「メルカリ」が79.6%と圧倒的に利用率が高く、次いで「オタマート」が6.1%、「Fril」が5.3%、「LINE MALL」が3.7%という結果になった。

 本調査では、フリマアプリの利用頻度や利用アプリの数、フリマアプリ利用のきっかけなどに関する設問も用意し、それら結果も発表している。

(藤縄優佑)