ニュース

Windowsスマホ用ディスプレイアダプター「ScreenBeam Mini2 Continuum」

Actiontecが2月11日発売、9800円

ScreenBeam Mini2 Continuum

 Actiontec Electronicsは、Windows 10 Mobileの注目機能「Continuum」に対応したワイヤレスディスプレイアダプター「ScreenBeam Mini2 Continuum」を2月11日に発売する。価格は9800円(税別)。

 Continuumは、テレビなどの外部ディスプレイにスマートフォンを接続することで、デスクトップ版のWindowsのように利用できるようにする機能。Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンで、Snapdragon 617以上のチップセットを搭載した端末で利用可能となっている。

 ScreenBeam Mini2 Continuumは、同機能をワイヤレスで利用できるようにするためのHDMI接続のアダプター。通信規格としてはMiracastが利用されており、2.4GHz帯と5GHz帯をサポート(IEEE802.11a/b/g/n)。アダプターにマウスやキーボードをUSB接続して利用することも可能。表示解像度は1080pで、画面転送時間は最速0.1秒以内とされる。

 ContinuumをサポートしたWindows 10 Mobile搭載スマートフォンに加え、WiDi対応のWindows PCやMiracast対応のタブレットやスマートフォンで利用できる(iOSは非対応)。大きさは29.5×98×12mm、重さは39.5g。USB給電(5V/1A)で動作する。

 なお、従来製品の「ScreenBeam Mini2」についても、最新版のファームウェア(Ver.5.3.9.0以降)を適用することでContinuum対応にアップグレードできる。

パッケージ

(湯野 康隆)