ニュース

Cerevoのライブ映像配信機「LiveShell PRO」がLTEモデムに対応

 Cerevoは3日、ライブ配信機器「LiveShell PRO」をアップデートし、USB接続のLTEモデムと、5GHz帯の無線LANアダプターに対応した。

LiveShell PRO

 「LiveShell PRO」は、ビデオカメラと映像ケーブルで接続すると、パソコンなしでUstreamやニコニコ生放送、YoutubeなどにHD画質のライブ配信ができる機器。専用充電池で駆動し、カメラのアクセサリーシューに固定して利用できる。

 今回、LTEモデムに対応したことで、無線LAN環境がない出先でも配信が可能となった。Cerevoでは、NTTドコモの「L-02C」と「L-03D」で動作確認を行っている。

LTEモデムを装着

 また、従来Wi-Fi接続は2.4GHz帯のみ対応していたが、今回のアップデートにより、5GHz帯での接続に対応。付属のUSB無線LANアダプターを3日に発売された5GHz帯対応アダプターに付け替えて利用できる。専用の5GHz帯対応アダプターCDP-WD02A」は3480円(税別、以下同)。29日まで「LiveShell PRO」ユーザー向けには1980円で販売される。

5GHz帯対応の無線LANアダプター「CDP-WD02A」

(石井 徹)