ニュース

ドコモ、300Mbps対応のモバイルルーター「Wi-Fi STATION N-01H」を17日発売

 NTTドコモは、モバイルWi-Fiルーターの新機種として、NECプラットフォームズ製の「Wi-Fi STATION N-01H」を2月17日に発売する。ドコモオンラインショップでの販売価格は2万1384円。割賦支払いでは891円×24回。同額(891円×24回)の月々サポートによって通信料から割引され、実質負担額は0円となる。

 「Wi-Fi STATION N-01H」は、ドコモが展開する3つ周波数帯を束ねて通信する3波キャリアアグリゲーション(CA)に対応した初のモバイルルーター。2GHz帯、1.5GHz帯、800MHz帯を同時に利用して受信時最大300Mbpsの通信速度を実現する。1.7GHz帯も加えた、ドコモがLTEで展開する4バンドに対応。

 付属のクレードルは800MHz帯対応のアンテナを内蔵。装着することでアンテナ感度を向上できる。クレードルは1000Base-T規格の有線LANポートを備えており、宅内用のWi-Fiルーターのように利用できる。

 ドコモWi-Fiなどの2.4GHz帯の公衆無線LANスポットに接続して、Wi-Fi接続を共有できる。同時接続可能な端末はWi-Fi(2.4GHz/5GHz)が10台、USBが1台、Bluetooth-PANが5台で、最大16台。

 バッテリー容量は2500mAh。連続待受時間は約1180時間、連続通信時間はキャリアアグリゲーションを使用しない場合で約13時間。Android/iOS対応の専用アプリが提供される。本体サイズは約63×115×11mm、重さは約117g。カラーはWhiteのみ。

(石井 徹)