ニュース

ナビタイム、カーナビアプリ有料会員向けにロードサービスを提供

4月30日までの期間限定。日本ロードサービスとの連携で実現

 ナビタイムジャパンは5日より、Android/iOS向けカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」「カーナビタイム」のプレミアムコース利用者を対象に、各種ロードサービスを無料で受けられる「NAVITIMEロードサービス」を提供する。4月30日までの期間限定だが、期間中は24時間受付している。

 「NAVITIMEロードサービス」は、日本ロードサービスの「JRSロードサービス」を連携したもの。バッテリー上がりやキーの閉じ込み、ガス欠、車のパンクといった故障・事故発生時に、スピーディーな救援活動を提供するとしている。全長5.3m未満、全幅2.0m未満、車両総重量3t未満の自家用自動車であれば、二輪車から大型車まですべての車種に対応する(違法改造車、車検登録のない車両などは対象外)。なお、「JRSロードサービス」側の会員登録は不要。

 ナビタイムのカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」「カーナビタイム」のプレミアムコース(有料)利用者がサービスを受けられ、アプリ上からオペレーターへ電話を発信できる。また、現在位置情報の通知も行えるため、よりスムーズな現場の把握、到着時間の短縮につながる。

(藤縄優佑)