ニュース

ドコモ、MWC2016は5GやIoTで「2020年の日本」を紹介

 NTTドコモは、スペインのバルセロナで開催される「Mobile World Congress 2016」(MWC2016)に出展すると発表し、展示内容を明らかにした。同社は2000年から出展しており、今回で16回目。「2020年の日本」をテーマに、5GやIoTによるサービスのデモンストレーションが行われる。

 5G関連では、世界の主要なメーカーと進めている実証実験の進捗が紹介されるほか、コアネットワーク技術として、「ネットワークスライス」の概念が紹介される。これは、低遅延や災害対策など、用途ごとに最適な仮想ネットワークを作成する技術で、要求に応じて効率的にサービスを提供する仕組みなどが紹介される。

 このほか、訪日外国人を想定した翻訳サービス、IoTのプラットフォーム「Linking」、海外のキャリア向けのネットワークコンサルティングサービスなどが紹介される予定。

(太田 亮三)