ニュース

エイサー、WUXGAディスプレイと4スピーカー搭載のAndroidタブレット「Predator 8 GT-810」

Predator 8 GT-810

 日本エイサーは、WUXGAディスプレイと4スピーカーを搭載した8インチクラスのAndroidタブレット「Predator 8 GT-810」を2月19日に発売する。実売価格は5万5000円前後(税別)になる見込み。

 Predatorシリーズはゲームを楽しむことを軸に開発されたラインナップで、タブレット以外にeSports向けのデスクトップPCや35型の湾曲モニターなどの製品が発表されている。

 Predator 8 GT-810は、8インチ、1920×1200ピクセルのIPS液晶を搭載。四隅にスピーカーを配置し、ドルビーによるバーチャルサラウンドで臨場感のあるサウンドを実現している。同社では、ゲームプレイや動画視聴で威力を発揮するとしている。

 チップセットはAtom x7-Z8700(1.60GHz、クアッドコア)、メモリーは2GB、ストレージは32GB。OSはAndroid 5.1。500万画素のアウトカメラ、200万画素のインカメラを装備する。IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0をサポートする。外部メモリはmicroSDに対応する。

 大きさは8.7×127×218mm、重さは約350g。バッテリーは4550mAhで、約8.5時間の動画再生が可能。ボディカラーは「ブラック/ガンメタリック」の1色のみ。

(湯野 康隆)