ニュース

NTTドコモの契約数が7000万件を突破

 NTTドコモは、携帯電話の契約数が2月10日に7000万件を突破したと発表した。

 同社は1979年にサービスを開始。2005年11月に5000万件を突破し、2012年3月に6000万件を突破していた。2012年までは、契約者数の伸び率が緩やかに鈍化している傾向だったが、再び上昇した形。なお、上記の契約者数にはMVNO事業者に提供した回線も含まれている。

 ドコモによれば、2013年にiPhoneの取り扱いを開始したのをはじめ、端末ラインナップの充実、タブレットの販売が2台目需要として拡大した点などを、契約者数の増加の要因に挙げている。

 また、新料金プランとシェアプランが拡大したことで、家族や“2台持ち”による新規契約の増加、「ドコモ光」の提供で契約者の5割がドコモの携帯電話を新規契約している点、法人向けの通信モジュールが増加している点なども、契約者数の増加の要因に挙げている。

(太田 亮三)