ニュース

屋内精度は1m以内、無線LAN×音波で位置がわかる〜三菱が新技術

 三菱電機は、無線LANと音波を組み合わせることで、1m以内で場所を検出できるという屋内位置検出システムを開発した。たとえば、屋内や地下にあるショッピングモールの駐車場で、自分のいる場所〜クルマを駐めた場所までナビゲーションする、といった用途が想定されている。

 新技術では、無線LAN基地局に音波を使う位置検出装置を搭載する。専用アプリをインストールしておけば、スマートフォンのマイクとスピーカーを使いつつ、その周辺にある無線LAN基地局との間で音波を往復させて、音波の伝達時間から場所を特定する。音波の送受信のタイミングや計測結果は無線LANでやり取りする。

 屋外では衛星や携帯電話基地局を使った現在地の測定が可能だが、屋内では、精度の高い位置検出技術はまだ発展途上。たとえば電波強度だけを使うと精度は10m前後と、粗くなる。音波であれば精度は1m程度まで絞れるが、発信・受信の双方で時刻をあわせる(同期)させる仕組みが必要。今回は、無線LANで同期の仕組みを実現しつつ、音波の精度で特定できるようにした。

(関口 聖)