ニュース

KDDI、全国のプリンスホテルでセキュアで快適なWi-Fi環境を提供

一部ホテルでは次世代光ファイバー通信技術「G-PON」を構築

 KDDIは12日、日本全国のプリンスホテルに向けてWi-Fi環境を提供することを発表した。強固なセキュリティや帯域保証型サービスなどにより、快適かつ安全なネットワーク利用が可能になるという。

 プリンスホテルで構築されるKDDIのWi-Fi環境は、客室やロビー、宴会場などでホテル利用者が接続可能。Wi-Fi用の設備には金融機関などでも採用されているネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」を備え、安全性を高めている。

 また、利便性にも配慮している。KDDIのデータセンター「TELEHOUSE」に設置された認証機器を活用し、ホテル利用者が宿泊している間は、ホテル館内だけでなく関連施設でも1度の認証でWi-Fiの継続利用が可能になる。

 一部ホテルではチェックインと同時にテレビ画面上にパスワードを表示する仕組みも導入し、パスワードを表示したチケットの紛失対策と、利便性向上を両立した。さらには訪日外国人向けに4カ国語(日本語・英語・中国語・韓国語)に対応した「多言語ヘルプデスク」を、24時間365日常設する。

 高速なインターネット通信を快適に利用できるよう、帯域保証型サービスも採用している。そのほか、2015年12月からは、軽井沢プリンスホテルのイーストコテージエリアにて次世代光ファイバー通信技術「G-PON(Gigabit Passive Optical Network)」を使ったWi-Fi環境を構築。「G-PON」は上り最大1.25Gbps、下り最大2.5Gbpsの高速通信を行える通信技術で、4K/8Kの映像伝送も可能としている。スイッチやレピーターなどの設備が不要で、導入コストやランニングコストも抑えられる。

 なお、「G-PON」を含んだKDDIのホテル向けソリューションは、2月16日〜19日に東京ビッグサイトで開催される「HCJ2015 国際ホテル・レストラン・フードショー」にて展示を行う。

(藤縄優佑)