ニュース

Bluetoothセンサーをスマホ不要でクラウドに、アーキテクチャー策定

 Bluetooth SIGは、Bluetooth対応のセンサーとクラウドの間を中継するBluetoothゲートウェイのアーキテクチャーを策定し、開発者向けに、標準的な開発ツールの提供を開始した。

 今回策定されたBluetoothインターネットゲートウェイアーキテクチャーは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末無しに、Bluetoothセンサーとクラウド間の接続を簡単に実現するもの。ルーターやサーモスタット、セキュリティシステムなどの通信や制御をどこからでも行えるようになるとし、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)の潜在能力を引き出すとしている。

 提供が開始された「Gateway Smart Starter Kit」では標準的な方法が解説され、Raspberry Pi上で簡単なBluetoothゲートウェイを開発できる。アーキテクチャーの提供により、家庭内のセンサーに対するハブや、ゲートウェイ機能の統合を検討している開発者の当座のニーズに応えられるとしている。

(太田 亮三)