ニュース

ソニー、ハイレゾをBluetoothで楽しめるヘッドホン2種

ノイズキャンセリング対応モデルと首掛けタイプ

 ソニーは、Bluetoothで高音質に転送できるコーデック「LDAC」に対応した「h.ear」シリーズのワイヤレスヘッドホン2機種を3月12日に発売する。

「h.ear on Wireless NC」(MDR-100ABN)

 デジタルノイズキャンセリング機能に対応した「h.ear on Wireless NC」(MDR-100ABN)は3万5000円前後、首掛けタイプの「h.ear in Wireless」(MDR-EX750B)は2万1000円前後となる見込み。

 両機種とも、最大転送速度990kbpsのBluetoothコーデック「LDAC」に対応。XperiaやウォークマンなどのLDAC対応機器では「ハイレゾ相当」の音質で再生できるとうたう。NFCを搭載し、ワンタッチで接続できる。

 付属の専用ヘッドホンケーブルでmicroUSB端子に接続して、有線接続でもハイレゾ音源を再生できる。通話では「HD Voice」の高音質通話に対応。自分の声のエコーを和らげるエコーキャンセル機能と、自分の周囲のノイズを除去するノイズサプレッション機能を備える。

「h.ear in Wireless」(MDR-EX750B)

 カラーは両機種ともビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色展開。

 「h.ear on Wireless NC」(MDR-100ABN)は、2つのマイクでノイズを集音して、打ち消す信号をを流すデジタルノイズキャンセリング機能を搭載。

 専用設計となる40mmのダイナミックドライバーユニットに、可聴帯域を超える広域再生が可能な振動板を採用。立体縫製のイヤーパッドで装着性を高めながら、折りたたんでコンパクトに持ち運べる形状とした。

 USB端子で充電し、連続最大20時間の音楽再生(ノイズキャンセリング使用時)が可能。Bluetooth 4.0のA2DP、HFP、HSP、AVRCPをサポート。対応コーデックはSBC、AAC、aptX、LDAC。重さは約290g。

「h.ear on Wireless NC」ビリジアンブルー
シルバーレッド
チャコールブラック
ライムイエロー
ボルドーピンク

 「h.ear in Wireless」(MDR-EX750B)は、長時間装着しても疲れにくいネックバンド形状のヘッドホン。9mmのダイナミックドライバーユニットを搭載する。

 専用ヘッドホンケーブルを接続すると自動で電源オフになり、ハイレゾ対応の有線ヘッドホンのように利用できる。充電はUSBケーブルで行う。連続再生時間は約7.5時間。Bluetooth 4.1のA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。対応コーデックはSBC、AAC、aptX、LDAC。重さは約38g。

「h.ear in Wireless」ビリジアンブルー
シルバーレッド
チャコールブラック
ライムイエロー
ボルドーピンク
専用ヘッドホンケーブル

(石井 徹)