ニュース

Windows 10スマホ「MADOSMA」第2弾、Continuum対応に

 マウスコンピューターは、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン「MADOSMA Q601」を発表した。発売時期や価格は未定。スペイン・バルセロナで開催中の展示会「Mobile World Congress 2016」(MWC2016)のマイクロソフトのブースにて、23日〜25日まで展示される。

「MADOSMA Q601」

 「MADOSMA Q601」は、2015年に発売された「Q501」の上位機種に相当するモデル。6型フルHDディスプレイ(ジャパンディスプレイ製)に、エッジ部分をラウンドさせた2.5Dガラスを採用している。

 チップセットは「Snapdragon 617」(MSM8952)で、メモリは3GB。モニターなどに接続して、デスクトップパソコンのような画面で利用できるWindows 10 Mobileの機能「Continuum」(コンティニュアム)には、無線接続で対応する。

 国内の対応バンドはFDD-LTEのB1/3/8/19とTD-LTEのB41、W-CDMAはB1/6/8/19で、VoLTEは非対応。NTTドコモとソフトバンクのネットワークをサポートする予定。海外ではFDD-LTEの1/2/3/4/7/8/28、TD-LTEの38/40/41とW-DCMAのB1/6/8/19、2Gの4バンドが利用可能。microSIMカードスロットと、nanoSIM/microSDカードの兼用スロットを搭載。2つのSIMカードを切り替えて利用できる。

 1300万画素でF2.0の背面カメラと500万画素でF2.4のインカメラを備える。内蔵ストレージは32GB。最大128GBのmicroSDXCをサポート。USB端子はUSB 2.0のType C端子。バッテリー容量は3900mAh。急速充電規格Quick Charge 2.0に対応。本体サイズは約160×82.3×7.9mm(暫定値)、重さは約176g(暫定値)。

(石井 徹)