ニュース

「スマモバ」、“エライザポーズ”で1周年をアピール

 スマートモバイルコミュニケーションズは、MVNOサービス「スマモバ」の1周年を記念した発表会を開催。モデルの池田エライザと、お笑いコンビ「かもめんたる」の2人が登場しサービスをアピールした。

かもめんたる(左から岩崎う大、槇尾ユウスケの二人)と池田エライザ(右)
スマモバの「制服」になるという衣装をまとって登場した池田エライザ

 「スマモバ」は1時〜17時まで高速で使える「プレミアムプラン」や、1時〜9時まで使える「ナイトプラン」などの料金プランや、Windowsスマホの「NuAns NEO」や新古品の「iPhone 6」といった端末を取り扱うMVNO。

 池田エライザは独特な「エライザポーズ」が、若い世代を中心にSNSで話題となったモデル。「スマモバオフィシャルアンバサダー」として、ユーザー目線からのアドバイスをしているという。

 発表会では「かもめんたる」の2人も登場。パッとしないのが悩みという2人が考えてきた決めポーズ「かもめんたるポーズ」で盛り上げ、期間限定のSIMパッケージ「エライザパッケージ」を紹介した。

 「スマモバ」では、1周年を記念して、2月29日までの期間にTwitterでお題をツイートすると抽選でスマートフォンなどが当たるTwitterキャンペーンを実施している。発表会では池田エライザとかもめんたるの2人がお題にあわせた内容を披露した。

 スマートモバイルコミュニケーションズは、光通信の子会社で、2016年の2月よりMVNOサービスを提供している。コンシューマー向けには直営のオンラインショップや、併売店を通して提供する。今後、代理店経由での販売を拡大し、2017年3月までに300店舗での販売を目指す。

会場には、SIMパッケージや取扱端末が展示されていた

(石井 徹)