ニュース

「Moto X Play」を3月中旬に発売、5.5型フルHDにSnapdragon 615搭載

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、大容量バッテリー搭載のAndroidスマートフォン「Moto X Play」を3月中旬以降に日本で発売する。価格はオープン価格で、販売予想価格は4万4200円(税抜)。シネックスインフォテックを通じて、MVNOや通信販売サイトで販売される。

「Moto X Play」

 「Moto X Play」は、Android 6.0を搭載したモトローラ製のスマートフォン。大容量バッテリーや急速充電をサポートするほか、デュアルSIMスロットはどちらもLTEに対応する(排他利用)。

 ディスプレイは5.5インチ、1920×1080ドットの液晶ディスプレイで、表面ガラスにはCorningのGorilla Glass3を採用している。メインカメラは2100万画素で、デュアルLEDフラッシュを装備。インカメラは500万画素。

 チップセットはクアルコムの「Snapdragon 615」(MSM8939)で、1.7GHz駆動のオクタコア。GPUはAdreno 405(550MHz駆動)。RAMは2GB、ストレージは16GBで、最大128GBまでのmicroSDカードを利用できる。

 通信方式はLTE、W-CDMA、GSMをサポートする。対応バンドはLTEがB1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28/B38/B40/B41。W-CDMAがB1/B2/B5/B6/B8/B9/B19。GSMが850/900/1800/1900MHz。デュアルSIMスロットはnanoSIMカードサイズ。

 無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)で、Bluetooth4.0、NFCをサポートする。

 バッテリー容量は3630mAhで、最長2日間の利用が可能とする。TurboPowerとして、Quick Charge 2.0と独自の充電最適化機能を備え、15分の充電で8時間の利用が可能。

 大きさは約148.0×75×8.9〜10.9mmで、重さは約169g。ボディカラーはブラック、ホワイトの2色のラインナップ。

(太田 亮三)