ニュース

ドコモ、“カメラなし”Androidフィーチャーフォン「SH-03H」、法人向けに26日発売

 NTTドコモは、法人向けの新製品として、シャープ製のカメラレスケータイ「SH-03H」を26日に発売する。

SH-03H

 ドコモショップの法人営業部門などで取り扱われる。同社広報によると、価格は、MNP・新規・機種変更の場合は「負担のない価格」、契約変更の場合で3万円台中盤となる見込み。法人向けモデルとなるが、個人名義でも購入可能。

 「SH-03H」は防水防塵で、カメラを搭載していないシンプルなフィーチャーフォン。機密漏洩のリスクを懸念するオフィスや工場で利用する通話端末として開発された。

 NTTドコモのMDM(モバイルデバイス管理)サービス「あんしんマネージャー」に対応し、紛失・盗難時のリモートロックや初期化ができる。このほか本体とmicroSDカードの暗号化や、ベールビューなど、セキュリティを向上させる機能を搭載している。

 十字キーをタッチパネルのように利用できる「タッチクルーザーEX」や、ワンプッシュオープン機能を備える。OSはAndroid 4.4ベースだが、Google Playには非対応。製品保証の対象外となるが、ADB(Android Debug Bridge)を利用して企業の独自アプリなどをインストールすることはできる。

 ディスプレイは3.4インチ。1410mAhのバッテリーを搭載。最大受信速度14.4Mbpsの3G(HSDPA)をサポート。防水性能はIP57/IP5X相当。Bluetooth 4.0や赤外線通信機能に対応する。本体サイズは約112×51×16mm、重さは約122g。カラーはブラックのみ。

(石井 徹)