ニュース

全フロアが中古ケータイ、秋葉原の「ゲオモバイル」が27日改装オープン

 ゲオホールディングスは、中古モバイル端末の専門ショップ「ゲオモバイル」の旗艦店「アキバ店」(東京・秋葉原)を27日にリニューアルオープンする。26日に実施された報道関係者向けの内覧会の様子をお伝えしたい。

ゲオモバイル アキバ店

 改装前は1〜3階までがモバイル端末のフロアだったアキバ店、改装後は1〜6階まで、ビルの全フロアでモバイル端末を扱う。

 1階では各フロアの販売商品の紹介のほか、中古のSIMロックフリースマートフォンを販売。買取コーナーやSIMカウンターが設置される。

 SIMカウンターでは、「ゲオ×OCN SIM」や「UQ mobile」のSIMカードを契約できる。MNP転入での即日開通も可能となっている。また、専門知識を持ったスタッフが、スマートフォンに関する相談に対応する。

1階
プリペイドのSIMカードも取り扱う。場所柄、訪日外国人がSIM単体で購入していくことが多いという

 2階〜5階にはOS別・キャリア別で中古端末が陳列されている。2階はアップル製品の専門フロアで、iPhone、iPad、iPodやMacbookが並ぶ。3階〜4階はキャリア別のAndroidスマートフォンのフロア。5階はフィーチャーフォンやタブレット端末を取り扱う。

 6階はイベントフロアとなる。月1〜2回程度で「格安スマホ講座」などのイベントが実施される予定。27日のオープン当日には、アイドルが登場するオープニングイベントも開催される。

2階はアップル製品のフロア
販売カードには、SIMカードサイズなども表示
Apple WatchやiTunesカードなども
3階。ドコモスマートフォンやウォークマンが並ぶ
コラボモデルも
4階。auのスマートフォンは入荷が少なめだという
4階には「ジャンク品」コーナーも。検品で規格外となった製品を、保証なしで安く販売する
5階はフィーチャーフォンとタブレットのフロア
フィーチャーフォンは状態のよい製品が多いとのこと

”中古スマホは普及の過渡期にさしかかっている”

 ゲオは全国に約1100店の超える直営店を展開。特に郊外の大型店に強みを持つ。ゲオモバイルにとって「アキバ店」は、スマートフォン販売のモデル店かつ、電気街でモバイル製品のトレンドを知る店舗という位置付け。

 ゲオ モバイル運営部 モバイル企画課 マネージャーの富田浩計氏は、格安SIM市場の拡大とともに、中古スマートフォンの需要も今後大きくなっていくという見通しを示す。販売総数では都心部、郊外部ともに、全国で順調に拡大しているという。

 特に郊外の店舗では、スマートフォンへの関心が薄いライト層のユーザーが、スマートフォンと格安SIMをセットで購入するケースが増加。2台目として利用するほか、子どもに持たせるスマートフォンとして利用されている。富田氏は「ちょうど普及の過渡期にさしかかっている状況」と話す。

 販売比率ではiOS端末が3割を占める。Androidスマートフォンでは、ドコモ端末の買取が多く、MVNOのSIMカードでも使えることから、販売の主力となっている。

 2015年12月に総務省がキャリアへの「実質0円」の販売を抑制する要請を行ったことで、長期的に見るとキャリアのスマートフォン販売が減少していく可能性もあるが、ゲオでは現時点では買取への影響は出ていないという。

 キャリアの春商戦が本格化する3月には、機種変更する前に使っていたスマートフォンを狙った買取キャンペーンも実施する。また、オンラインでの買取も強化して、拡大する需要に応えて端末調達を増やしていく。

 モバイル端末のみを取り扱う店舗は、主要都市部を中心に展開を増やす。直近では3月19日に福岡市に、4月には名古屋市の地下街で新店舗をオープンする。同社は2017年度までに、専門スタッフと販売コーナー、買取受付を備えた「ゲオモバイル」を、都市型の専門店と郊外型の併設店であわせて100店舗での展開を目指す。

(石井 徹)