ニュース

携帯料金の3%をソフトバンクが寄付する「チャリティモバイル」

 ソフトバンクは、毎月の携帯電話利用料のうち、3%分を同社が寄付する「チャリティモバイル」を開始した。寄付の期間は2年間。

 「チャリティモバイル」は、社会貢献活動を行う非営利団体へ寄付するサービス。ユーザーが支援したい団体の専用ページから携帯電話の購入(新規契約・機種変更)手続きを行うと、ユーザーの代わりにソフトバンクが寄付する。寄付額は、毎月の利用料(基本料、通信料、付加サービス利用料の合計)のうち3%、あるいは申込時に6000円となる。

 寄付先は、東日本大震災の被災地で復興活動や子供の支援活動などを行う7つの団体から選べる。3月中にはさらに増えて、9団体になる。

(関口 聖)