ニュース

BIGLOBE、1.6インチのAndroid搭載IoT端末「BL-01」

法人向けに開発キットとして提供

 BIGLOBEは、1.6インチの小型Android端末「BL-01」を、法人向けに提供開始した。開発キットとして提供され、価格は3万5000円(税別、回線別)。同社は、「BL-01」によるソリューション開発のサポートも提供していく。

 「BL-01」は、小型の筐体に1.6インチのディスプレイや3G通信機能、マイク、スピーカー、GPS、3軸加速度センサーなどを搭載。OSはAndroid 4.4.2で、単体で小型のスマートフォンのように利用できる。また、センサーを生かしてIoT用のゲートウェイ端末として利用したり、腕時計型のアクセサリーと組み合わせたウェアラブル端末として活用したりできる。

 開発キットは、専用クレードルが付属する。Androidの開発環境を利用したアプリを開発し、動作させることができる。なお、Google PlayなどのGoogleが提供するサービスには非対応となっている。

 SIMカードは、「BIGLOBE LTE・3G」で法人向けに提供している料金プラン(3GBで700円〜)が利用できる。また、M2M専用プランにも対応する。M2M専用プランでは、常に256kbpsに制限されているプランや、帯域契約のプランなどが提供されている。

 プロセッサーはCortex-A7(デュアルコア、1.0GHz)。メモリは512MBで、内蔵ストレージは4GB。1.6インチのディスプレイは静電容量式のタッチ操作に対応し、解像度は220×176ドット。ユーザーによるSIMカードの交換はできない。

 本体サイズは約41.0×47.0×15.6mm、重さは約36g。バッテリー容量は620mAhで、連続待受時間は3日間。防水(IPX5/7相当)、防塵仕様。

 なお、「BL-01」は会津若松市が実施する「路面情報等のオープンデータ活用実証実験」で利用される。実証実験では、市の道路パトロール車や民間のバスなどに「BL-01」を設置し、GPSや加速度センサーを用いて走行中の道路状態を把握する。

(石井 徹)