ニュース

iPhoneの出荷台数は2割も減った、IDCの国内携帯出荷台数レポート

 2015年のスマートフォンは前年比3.6%増、しかし第4四半期はiPhoneが落ち込んだ――IDC Japanは、2015年第4四半期(10月〜12月)および2015年通期における、日本国内の携帯電話出荷台数をまとめたレポートを発表した。

 同調査によると、2015年全体で、国内出荷台数のシェア1位となったのはアップルだった。シェアは52.4%で半数以上に達しており、ソニー(14.4%)、シャープ(9.6%)、京セラ(7.1%)、富士通(6.2%)といったメーカーを突き放す。ただし、第4四半期は、iPhone 6sの販売が伸び悩み、出荷台数は20.8%も減少。急ブレーキがかかった格好だ。

2015年、スマートフォン出荷台数は3.6%増

 同調査によると、2015年(1月〜12月)でのスマートフォンの出荷台数は前年比3.6%増の2749万台に達した。ただし第4四半期だけでみると、iPhoneが落ち込んだことから、前年同期比13.7%減の852万台と大きく減少した。

 携帯電話全体では、フィーチャーフォン(従来型の携帯電話)の出荷数が減少したことから、前年比5.9%減の3442万台となった。

第4四半期は減少傾向

 2015年第4四半期(10月〜12月)だけの実績を見ると、スマートフォンは先述の通り、前年同期比13.7%減の852万台で、携帯電話全体でも15.7%減の1046万台となった。

 第4四半期のメーカー別シェアを見ると、1位からアップル(43.5%)、ソニー(1.4%)、シャープ(12.5%)、富士通(9.9%)、京セラ(8.9%)と続く。

スマホの実質0円廃止、どう影響?

 IDC Japanでは、今後の展開として「スマートフォンの実質0円販売を廃止することで、キャリアは過度の買い替えを追う必要がなくなり、端末販売・価格設定の主導権はメーカーからキャリアに移るであろう」(リサーチマネージャーの片山雅弘氏)と分析している。

(関口 聖)