ニュース

ドコモが2年契約の更新期間を2カ月間に拡大、2016年2月満了の契約から

 NTTドコモは、2年契約などでの解約金がかからない“更新期間”を、従来の1カ月間から2カ月間に拡大する。2016年2月に契約期間が満了する契約から対象になる。

 ドコモではこれまで、2年契約といった定期契約の料金プランや割引サービスにおいて、解約時に解約金がかからない期間を契約満了月の翌月(1カ月間)としてきた。今回の取り組みにより、契約満了月の翌月と翌々月の2カ月間が、解約に解約金がかからない期間になる。

 2016年2月に契約満了(3月が更新期間)の契約から対象になり、この場合、解約金がかからない更新期間は、3〜4月の2カ月間になる。

 更新期間の延長は、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が2015年4月に対応を表明していた。NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏は、2016年1月の決算会見で「3月くらいから開始したい」と具体的な開始時期に言及していた。

(太田 亮三)