ニュース

“日常に溶け込む”活動量計「ムーヴバンド3」25日発売

 ドコモ・ヘルスケアは、リストバンド型活動量計の新製品「ムーヴバンド3」を3月25日に発売する。ドコモオンラインショップでの価格は1万3800円(税別、以下同)。月額300円のヘルスケアサービス「からだの時計 WM」の契約者は4000円引きで購入できる。

「ムーヴバンド3」

 「ムーヴバンド3」は、腕に着けて生活することで、歩数や消費カロリー、睡眠の質といったデータを取得する活動量計。前機種「ムーヴバンド2」からの大きな変更点はその外観デザイン。スーツからカジュアルなファッションまで、シーンを問わず馴染むようになった。重さ17gの軽量設計にシリコン素材のバンドを採用。一日中着けていても気にならないように装着感を改善したという。

 新たに搭載された本体のディスプレイでは、歩数や消費カロリーを簡易的に表示できる。充電端子は従来の専用端子から、microUSB端子に変更された。

シャンパンゴールド
ブラック
シルバー

 計測機能では歩き方の強度に応じて、通常の歩行と早歩きの状態、走っている状態を識別して記録するようになった。早歩きや走っている状態の時間を「アクティブ時間」として記録し、どれだけ活動したかがよりわかりやすくなった。

 また、前機種では睡眠モードへの切り替えにユーザーの操作が必要だったが、「ムーヴバンド3」では眠っている状態を自動判別して、睡眠モードに切り替わるようになった。そのほかの計測機能は前機種「ムーヴバンド2」を踏襲している。

 スマートフォンへのデータ接続では、新たに自動転送に対応した。iOS/Android端末とBluetooth 4.0 Low Energyを利用して接続し、バックグラウンドで同期できる。

「WM」(わたしムーヴ)アプリ

 カラーはシルバー、ブラック、シャンパンゴールドの3色。計測・表示できる機能は歩数、消費カロリー、移動距離、アクティブ時間(早歩き・走行)、睡眠時間・状態。手首の太さに応じて付け替えられる2つのバンドが付属する。Sサイズは手首周りが約135〜170mm、Lサイズは約150〜210mmに対応する。本体の幅は約15.5mm、厚さは約11.5mm。重さは約17g。生活防水仕様(IPX5相当)。連続動作時間は約5日。

シャンパンゴールド
ブラック
シルバー

 歩数や消費カロリー、睡眠時間を把握、クラウド保存できるアプリ「WM」(わたしムーヴ)はドコモ契約者以外でも利用可能。ムーヴバンドのデータをもとに、適切な生活リズムを提案するサービス「からだの時計 WM」は、ドコモでspモードを契約しているユーザーが対象。

着用イメージ
側面に電源・操作ボタン
ベルトは一般的な腕時計用の11mm幅のベルトと交換できるという

「日常に溶け込む」活動量計

ドコモ・ヘルスケア社長の和泉正幸氏

 心拍計などを搭載した競合製品が登場する中、「ムーヴバンド3」は、現在市場にある活動量計の中でも一般的な機能のみをカバーした製品と言える。

 ドコモ・ヘルスケア 代表取締役社長の和泉正幸氏は、ウェアラブル市場は今後拡大していくとの見通しも示しつつも、「ところで、周りにつけている方はいらっしゃいますか?」と問いかけ、既存のウェアラブル活動量計の問題点を示した。

 和泉氏いわく、「操作が難しそう」「いかにも健康に気を使っているような見た目が嫌」「つけた感覚がうっとうしい」という3つの課題が、一般ユーザーまで活動量計が普及しない要因となっているという。

 そこで、「ムーヴバンド3」は、機能はシンプルにしつつ、どのようなシーンでもしっくりくるようなデザインや、快適な装着感にこだわり、「日常生活の中で使う活動量計」として開発。メインターゲット層は40〜50代の男性ユーザーとしつつ、「幅広い層に使っていただきたい」と話した。

CMには実際に製品を体験した一般人をキャスティング

(石井 徹)