ニュース

スマホで使うニュースサービスはYahoo!が人気、LINEが調査

20代以下はSNSやまとめ系サイトを使ってニュースを閲覧する傾向に

 LINEは2月26日〜29日にかけて、全国の13〜69歳のスマートフォンユーザー1682名に対し、ニュースサービスの利用に関する意識調査を実施。10日に調査結果を発表した。

 ニュース閲覧時に利用する媒体やデバイスについてたずねたところ、スマートフォン(84%)とテレビ(61%)の回答が多く、年代間による差も少ない結果となった。また、パソコンと新聞は年代が若くなるほど利用率が下がり、年代によって差が開いている。

 スマートフォンで利用するニュースサービスは、全年代合計でYahoo!が49%と首位で、LINE(23%)、LINE以外のSNS(15%)と続く。20代以下はSNSやまとめ系サービスの利用率が高く、とくに10代ではLINE(33%)、LINE以外のSNS(27%)、Yahoo!(30%)がほぼ同等となっている。

 ニュースに対する考えについて聞くと、ニュースを見ること自体を楽しんでいるという回答が33%と多いが、シンプルで短いニュース本文を好み(35%)、厳選されたニュースを読みたい(25%)など、効率よくニュースを読みたい傾向にあるという。

 年代間による差が特に開いた項目は、「ニュースを見ること自体が楽しい」と「自分でニュースを見に行くより定期的に配信されるほうが楽だ」の2つで、最大10ポイント前後の差が見られる。

 LINEは今回の調査結果から、20代以下の若年層は興味のあるニュースをコミュニケーションの一部として取得し、30・40代は、多様なデバイスで必要なニュースを積極的に探す傾向が強いとしている。また、50代以上は、新聞やテレビ、ポータル型ニュースサイトなど従来型のニュースサービスを数多く利用する特徴があるとしている。

(藤縄優佑)