ニュース

電子書籍ストア・アプリの利用率は男女ともにKindleが1位、MMD調査

読書に使うデバイスは男性がタブレット、女性はスマホがトップ

 MMD研究所(MMDLabo)は11日、「2016年電子書籍に関する利用実態調査」の結果を公開した。調査期間は2月29日〜3月2日、電子書籍を現在利用している20歳〜59歳の男女442人(男性269人、女性173人)を対象にインターネットによる調査を行った。

 電子書籍を最も利用している端末をたずねたところ、最も多かった回答は、男性の36.8%がタブレット、女性の42.8%がスマートフォンと、男女で異なる結果となった。

 使用している電子書籍ストア、アプリ(複数回答)を聞いたところ、男女ともに上位3位までは「Kindle」「楽天kobo」「iBooks」と共通。男性は「Reader Store」「honto」「eBookJapan」、女性は「LINE マンガ」「Renta!」「Yahoo!ブックストア」の順にランクインしている。

 電子書籍ストア、アプリで経験したこと(複数回答)についての質問には、「期間限定の無料配信」が31.9%と最も多く回答を得られた。続いて「無料で試し読みをした後に購入」(30.8%)、「期間限定の対象書籍を割引価格で購入」(26.2%)としている。

 電子書籍ストア、アプリを利用している理由(複数回答)は、最多回答が「電子書籍の数が豊富だから」の48.0%、次いで「ポイントや割引など特典がお得だから」が35.1%、「無料で読める書籍が豊富だから」が34.4%という結果となった。

 上位の電子書籍ストア別で先ほどの回答を区分けすると、「Kindle」ユーザー(199人)と「iBooks」ユーザー(79人)は「電子書籍の数が豊富だから」、楽天koboユーザー(122人)は「ポイントや割引など特典がお得だから」という回答が最も多い。

 本調査ではほかにも電子書籍ストア、アプリの使い分けや読む頻度などの質問もしており、それら結果も公開している。

(藤縄優佑)