ニュース

DNPがスマホ対応の声紋認証サービス、ニュアンスと提携

 大日本印刷(DNP)は、スマートフォンを使って本人かどうか確認する声紋認証サービスを開発する。ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンとの提携によって実現するもので、2016年12月よりサービスを提供する予定。

 今回開発する声紋認証サービスは、音声データから声の特徴を判定して本人かどうか確認するもの。いわゆる生体認証の一種で、数字や文字といったパスワードの入力をすることなく、どのような言葉でも声をスマートフォンのマイクに入力すれば認証できる。また録音対策として、毎回、変わる言葉を読み上げることもある。特定の言葉の場合のみ認証するオプション機能も用意される。

 DNPでは、クレジットカード利用時の決済認証「3-Dセキュア」に準拠した本人認証サービスなどで既にノウハウを蓄積しており、ここにニュアンスの声紋認証技術を組み合わせる。

 ネットバンキングなど、インターネットを通じた会員サービスを提供する金融機関、あるいは保険会社に向けて声紋認証サービスを提供する考えで、2017年〜2019年にかけて3億円の売上を目指す。

(関口 聖)