ニュース

カシオ、「Smart Outdoor Watch WSD-F10」を3月25日発売

 カシオ計算機がCES 2016で発表したリストデバイス「Smart Outdoor Watch WSD-F10」の発売日が決定した。3月25日に日本と米国で発売される。価格は7万円(税別)。

グリーン
オレンジ
ブラック
レッド

 WSD-F10は、アウトドアシーンでの利用をターゲットにしたAndroid Wear搭載のスマートウォッチ。防水(5気圧)や耐衝撃(MIL-STD-810G)などのタフネス性能を実現しながら、トレッキング、サイクリング、釣りといったスマートフォンを取り出して操作しにくい場面で使いやすくなるように各種センサーやアプリを搭載している。また、カラー液晶とモノクロ液晶を重ねた2層構造のディスプレイを搭載していることでも高い関心が寄せられている。

 カラーは、グリーン、オレンジ、ブラック、レッドの4色。大きさは61.7×56.4×15.7mm、重さは約93g(バンド含む)。ディスプレイは1.32インチ、320×300ピクセルでタッチ操作にも対応する。無線通信はBluetooth 4.1、IEEE802.11b/g/nをサポート。Android 4.3以上を搭載するスマートフォンと組み合わせての使用が前提となっており、iOS 8.2以上を搭載するiPhone 5以降のiPhoneとも接続することはできるが、使用できる機能は制限される。

 内蔵のリチウムイオン電池で1日以上の使用が可能で、時計表示のみのタイムピースモードに切り替えると1カ月以上の使用が可能。充電は本体側面に用意されたマグネット式の専用充電端子に同梱の充電ケーブル(USB)を装着することで行う(約2時間)。

 同社のアウトドアカメラ「Outdoor Recorder EX-FR100」向けには、WSD-F10との連携機能を有効にするための最新ファームウェアも発売にあわせて提供される。

(湯野 康隆)