ニュース

ソフトバンクの「iPhone SE」、9.7インチ「iPad Pro」の価格を発表

「iPhone SE」の実質負担総額は1万800円から

 ソフトバンクは、31日に発売する「iPhone SE」および9.7インチディスプレイを搭載した「iPad Pro」の端末販売価格を発表した。

 「iPhone SE」16GBモデルの支払総額は5万6880円(税込、以下同)、分割支払額は2370円×24回。「月月割」を適用すると計4万6080円(1920円×24回)割引され、実質負担する総額は1万800円(450円×24回)となる。

 64GBモデルの場合は支払総額が6万9840円、分割支払額は2910円×24回。「月月割」の割引総額は5万3640円(2235円×24回)となり、実質負担額総額は1万6200円(675円×24回)。

 なお、ソフトバンクのフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)を16カ月以上利用しているユーザーが機種変更すると、総額1万368円(432円×24回)を追加で割引する。

 一方、Wi-Fi+Cellularタイプの9.7インチ「iPad Pro」は、32GB/128GB/256GBモデルを展開。支払総額はそれぞれ8万9400円(3725円×24回)、10万8840円(4535円×24回)、12万8280円(5345円×24回)となる。「月月割」を適用した時の実質負担総額は順に、2万7360円(1140円×24回)、4万5600円(1900円×24回)、6万3840円(2660円×24回)。

 また、Wi-Fiモデルも取り扱う。価格は32GBモデルが7万2144円、128GBが9万1584円、256GBモデルが11万1024円。

(藤縄優佑)