記事検索
連載バックナンバー

●●●今週のクラッシュ●●●


被害者
 神奈川県ののldsuzukiさん

事故現場
 朝の渋谷駅

壊れたもの
 Amazon Kindle2

事故の内容
 ぐっすり寝ていた朝の電車で、はっと気がつくと降車駅の渋谷。あわてて電車を飛び出すときにころげて、手に持ったままのキンドルに膝蹴りを食らわせていたようです。電源を入れても半分はデュマさんが微笑んでいるだけ(線入り)。操作はできて、残りの半分は読めても、画面スクロールができないキンドルでは、読めない部分は永遠にそのまま。文鎮というには大きすぎの書類押さえができてしまいました。

損害額
 1万5857円。ネットでは自己責任で破損した場合でも「保証期間内であれば無料で交換が受けられた」という報告もあるようですが、私には新品のキンドルをこの値段で売ってくれました(ただしACアダプタ無し)。

投稿者の談
 Amazonのサポートページにこちらの電話番号を入れて"Call me"ボタンを押すと、すぐに電話がかかってきたのにはたまげました。しかも英語で。2日後にはAmazon USから新品が届いたのには「世界は狭くなったもんだ」と感心しましたが、英語で電話の応対をしなくてはならないというのはいささか敷居が高かったです。


※※※ 投稿募集 ※※※

 モバイル機器というのは、いつも持ち運ぶだけに事故に遭う確率も高いはずです。不幸にも貴方が被害に遭った際には、編集部にその写真を送ってください。本コーナーに掲載した場合、修理費はお出しできませんが、粗品ぐらいなら差し上げられます。

 お名前、事故現場、壊れたもの、事故の内容、損害額、投稿者の談をお書き添えの上、クラッシュしたモバイル機器の画像を編集部まで電子メールに添付してお送りください。メールの件名(Subject)には「クラッシュ」とお書きください。

   ◎電子メール宛先:k-tai@impress.co.jp




2010/7/22 06:00