記事検索
レビューバックナンバー

「Xperia arc」グローバルモデル ファーストインプレッション

薄さ8.7mmでAndroid 2.3を搭載した新しいXperia


 

 ソニー・エリクソンがグローバルモデルとして発表した「Xperia arc」は、Android 2.3を搭載し、8.7mmという薄型のボディを実現したスマートフォン。弧を描く本体デザインも特徴になっている。

 米国で1月6日に開催された「2011 INTERNATIONAL CES」にて公開された、Xperia arcのグローバルモデルに触れる機会を得たので、写真を中心にレポートする。

 日本で発売されたXperiaと比較すると、薄さ、軽さが印象的。やや大きくなった画面はマルチタッチ対応で、Android 2.3を搭載するソフトウェアの動作は開発中の端末でも十分に軽快だ。キーボードなどの入力時には、画面が振動するフィードバック機能が搭載されている。振動は一般的なものと異なり、強すぎず、フィードバックを得ながら小気味よく入力できる。

 ボディの背面にはグラデーションのある塗装が施されており、Xperiaとは異なるイメージのアプローチ。弧を描く側面のメッキパーツは途切れることなく全周に及んでおり、デザイン面ですっきりとした印象に仕上がっている。

 microUSB端子はカバーの無いタイプで、右側面に移動。右側面にはボリュームキーとカメラのシャッターボタンも用意されている。上面には電源ボタン、カバー付きのHDMI端子が配される。3.5mmのヘッドホンジャックは左側面。下面にはマイク、ストラップホールがある。背面には、セカンドマイク、カメラ、フォトライト、スピーカーが配置されている。前面の液晶下部には、バック、ホーム、メニューの3つのキーが用意されているが、Xperiaとは配置が逆になっている。

 なお、撮影したXperia arcは本体・ソフトウェアともに開発中の端末。海外市場向け端末のため、同社から投入が表明されている日本市場向けモデルとは内容が異なる場合がある。日本語表示についても、Androidに標準で搭載されている日本語表示を選択しているのみで、日本市場向けモデルの表示とはフォント・表示内容ともに異なる場合がある。

Xperia arc 画面はXperiaと比較して0.2インチ大きくなった、4.2インチ、フルワイドVGA 液晶下部にはXperiaと意匠を同じくした3つのキー。ただしXperiaとは左右の配置が逆
背面の左にある穴はスピーカー。「XPERIA」ロゴの右にある穴はセカンドマイク 弧を描くメッキパーツが全周を覆う。左側面の上側には3.5mmのヘッドホンジャック
伏せた状態の右側面。上側にはmicroUSB端子、ボリュームキー。下側にはカメラのシャッターキー 下面にはストラップホール、右側がマイク。中央の凹みは背面パネルの取り外し用
上面には、電源ボタンとHDMI端子 microUSB端子はプラグ側と形状が異なるスクウェアなタイプ
半押しに対応したシャッターキーはさらにサイズが小さくなった 背面パネルにはグラデーション塗装が施されている
カメラは有効810万画素で、センサーは「Exmor R for mobile」を採用。フォトライトも備えている 端末側のHDMI端子は小型の「Micro HDMI」端子を採用している
Xperia(左)とXperia arc(右)。幅は同等で、わずかに全長が伸びた。液晶やキーなどレイアウトは若干変更されている 薄さの比較
薄さの比較 Xperia arcは背面が反っており、平らな面に置くと中央部が浮いた状態になる
薄さ8.7mmのボディが特徴 大きさはXperiaとあまり変わらないが、画面は大きく見える印象
ホーム画面にはウィジェットのTimescapeが表示されていた ホーム画面にある「Media」アイコンはフォルダ構造になっていた
Android標準搭載の「ギャラリー」画面 アプリのアイコントレイを表示したところ。左右にページを切り替えるタイプ
アプリのアイコントレイ2画面目。ソニー・エリクソン独自のアプリも メディアサーバーを使って、端末内のコンテンツを家庭内のネットワーク上で共有できる。プレイステーション3などをクライントとして登録できた
カメラのファインダー画面。HD動画撮影もサポートする 「設定」画面
「言語とキーボード」には「POBox Touch」が搭載されていた Android 2.3を搭載している
画像と動画の処理には「Mobile BRAVIA Engine」が用意されている 音楽の再生画面
ブラウザ HDMI端子で液晶テレビに「ギャラリー」の画面を出力
動画も出力可能。音もテレビから出力された アスペクト比が正しくないものの、ホーム画面やアイコン画面など、画面の表示がすべてがHDMIで出力された。製品版や日本市場向け端末でこの仕様のままかどうかは不明

 

静止画撮影サンプル リンク先は無加工

Xperia Xperia arc(※端末は開発中)
Xperia、暗所での撮影 Xperia arc、暗所での撮影。XperiaよりもISO感度が高く、シャッター速度が速い。結果としてXperiaより見やすい絵になっている(※端末は開発中)

 



(太田 亮三)

2011/2/1 19:00