レビュー

気になるスマホケース・レビュー

単体でも、組み合わせでも! システム手帳型ケース「SYSTEM for iPhone 6s/6」

 不意打ちで困るとき。それは、参加したイベントが立食で、鞄を預けなくてはいけないとき。「貴重品はお持ちください」と言われて、長財布を眺めながら「服にポケットもないのに、大きな財布持ってどうすればいいんだ。他にスマホもあるし」と思うのである。名刺入れも持っていきたいのでサブバッグ的なものがあればいいのだが、買い物用のエコバッグしかない・・・・・・。そんな経験をして、財布とスマートフォンをコンパクトに一緒に持てたらいいのに、と思うようになった。

スマートフォンといっしょにお財布やメモ帳を持ちたい!

 別の場面では、メモ帳とスマートフォンはいつも一緒に持ちたいと思っている。ちょっとした会話の中ででてきた重要なフレーズをすかさずメモしたいし、スマートフォンで見ているページの連絡先や番号をメモしたい。もちろんスマートフォンにもメモ機能はある。画面を切り替えれば情報を見ながらメモできる。手書きアプリだって豊富だ。でもやっぱり「!」となった瞬間に強いのはアナログのメモだったりする。メモを書くというアナログな行為が刺激になって、アイデアが浮かぶことだってある。だから、紙とペンはつねにセットで携帯しておきたいのだ。

香りがいいイタリアンレザーのiPhone 6s/6用ケース

SYSTEM for iPhone 6s/6

 財布とスマートフォン。メモ帳とスマートフォン。さすがに一緒にはできないだろうと思っていたら、まとめられそうな製品を見つけてしまった。ゴリラガラスを採用した強化ガラスフィルム「クリスタルアーマー」でお馴染みのアピロスがリリースした、本革製のスマートフォンケース「SYSTEM for iPhone 6s/6」である。

 本体はイタリアンレザーでできており、右側に両面粘着フィルムがついている。ここにiPhoneを貼り付けて固定する。iPhoneは粘着フィルムからはがせるし、何度も取り付け可能だ。iPhoneを装着したまま写真も撮れるし、充電もできる。

 本体の色はDARK BROWN、BLACK、NAVY、CAMEL BROWN、REDの5色がラインナップされている。

イタリアンレザーを使ったiPhone 6/6s用ケース。折り目部分にあるのが特製クリップ。iPhoneは粘着フィルムで固定する
クリップはデザインのアクセントにもなる。クリップを通せばストラップもつけられる

 付属品として予備の粘着フィルムが1枚と、5色のゴムバンド、紙製ポケットが付属する。ゴムは好きな1本をレザーケースの穴に通すと、ケースを閉じた状態に固定できるバンドになる。

 本体中央には特製のクリップがついている。付属の紙製ポケットをこのリングに通して取り付けると、これでカードやメモの収納が可能になる。

5色のゴムバンド、紙製ポケット、予備の粘着フィルムが付属する
ゴムバンドはケースを閉じるのに使う。気分に応じて好きな色が選べる
ゴムバンドは中から通すだけ
紙製ポケットを取り付ければカードも入れられる
iPhone 6sをイタリアンレザーで包む
そのまま撮影もできる

メモパッド、小銭入れ、カードポケットをiPhoneと一緒に携帯できる

オプションパーツ。左から小銭入れ、メモパッド、カードケース

 本革製の手帳っぽいケースなら数え切れないほど発売されているが、本品が面白いのは、このクリップのおかげで、オプションパーツを簡単に付け替えられるという点だ。

 オプションパーツとして用意されているのは、メモパッド(A7サイズ対応)、小銭入れ、カードポケットの3種類。すべて片側にICカードポケットを備え、カードポケットとメモパッドにはペンホルダーがついている。いずれもカバー本体にとりつけるときは、2つのマグネットをクリップに通して固定する。着脱しやすいのでシーンにあわせて付け替えやすい。

 メモパッドにはA7サイズのメモ帳が付属しているので、即活用可能。土台がしっかりしているのでメモを取りやすく、最近もとある立食パーティで、プレゼンをメモするのに大いに役立ってくれた。サイズがあえば他のメモ帳もセットできる。ゴムのペンホルダーもついており、好きなペンを一緒に携帯できる。

メモパッドはA7サイズ。ちゃんとメモも付属する
メモパッドをとりつけた状態
裏側にはカードを横向きで入れられるポケットが

 小銭入れは、中に仕切りはないものの、ICカードのほか4つのカードポケットを備えている。いくらカードで支払える場面が増えたといっても、まだまだ現金のみという場合も多い。iPhoneとともに小銭い入れにいくらかの小銭とお札、カードを入れておけば万能感アップ! ちょっとでかけるならこれで十分な体制が整う。

小銭入れ。カードを縦に収納できるポケットが4つ付いている
裏にはカードを横向きで入れられるポケットが
中にポケットや仕切りはない

 カード入れには、ICカードポケット以外に、4枚分のポケットがある。小銭入れから小銭ポケットを省いたような作りになっている。iPhoneとセットにするなら、ICカードくらいで十分という方はカード入れがおすすめ。カードポケットに折ったお札を忍ばせておけば、急な支払いにも対応できるだろう。ペンホルダーがついているので、細身のメモ帳ならセットしてメモパッド化することも可能だ。

カードポケット
こちらも裏にはカードを横向きで入れられるポケットが

本革製だから、使えばつかうほど味がでる!

 しかし、カードポケット以外は結構厚みがあって大きい。正直、最初見たときはこんなものさすがに挟めないだろうと思った。実際にメモパッドを取り付けてみたら、案の定厚みで片側が持ち上がってしまう。「ほらやっぱり。こんな分厚いものをiPhoneと一緒に持てるわけがないだろう」と思ったのだ。

メモパッドをとりつけたケース。ゴムバンドを巻いても閉じない
小銭入れをとりつけたケース。ちょっとさすがにこれはないだろうと思った

 が、ここからが本革ケースの威力の見せ所。ゴムバンドで固定しながら持っているうちに、すっかり馴染んでしまった。小銭入れも同様で、いつのまにか一体感が出るようになってしまうのだから面白い。本革ケース本体は非常にシンプルだが、革の懐の深さが存分に発揮される製品になっているのである。

 持てば持つほど独自の味がでてくるところもいい。それはまさに本革製のシステム手帳のようだ。メモパッドや小銭入れはそれなりの重さもあるので、全体としてはかなりのボリュームになる。iPhone単体で持てば軽くていいのだが、1度自分独自の手ざわりを生み出してしまうと、そのまま使い続けたくなってしまう。

小銭入れ入りの状態。全体を包みながら味がでてきた
このカーブが革の懐の深さを物語る

オプションパーツは単体でも活用できる

 気がつけば、メモパッドをメインにすべてのオプションパーツを携帯するようになっていた。多くの場合はオプションパーツを1つ買い求め、使い続けるのだろう。しかし、いずれのパーツも単体で携帯してもおかしくないところも魅力だ。

 たとえばメモパッド。とりはずした後メモ帳セットとして鞄の中に入れておけば、必要なときにそのまま使える。ペンホルダーのおかげで、ペンを探してゴソゴソしなくて済む。本体付属のゴムバンドで余ったものを巻いておけば、メモ帳の保護にもなるだろう。

メモパッドはそれだけでも使える

 同じことは小銭入れにも言える。取り外してもそのままジッパー付きのお財布として十分使えるからだ。中に仕切りはないが、お金もカードも十分入るし、iPhone 6sとほぼ同じサイズだからコンパクトで持ちやすい。露骨にクレジットカードを外のカードポケットに入れるのは危険だが、ポイントカードやコーヒーチケットなどを入れておけば、お財布をひらかなくても支払いができる。小さめのお財布を探している方には、ちょうどいいかもしれない。

小銭入れもお財布として使える(裏側にはカードポケット付)

 ではカードポケットはどうか。実は3つのオプション製品を使っているうちに、それぞれをマグネットでくっつけられることを発見した。そのような使い方はサイトにはないが、くっつけてみたら思いの外便利だった。

 というわけで、カードポケットは小銭入れに合体させると、ポケットを拡張した形になって、同時に携帯できるカード類を増やせる。使用頻度の低いカードをカードポケットにいれておくことで、いつでも分離してお財布部分をスッキリ持ち歩けるというわけだ。ポケットには名刺を入れることもできるので、メモパッドと合体させると名刺交換がスムーズになる。

オプション同士が合体することに気づいた
小銭入れなら追加のカードケースとして活躍する

セットでよし、単品でもよし

 「SYSTEM for iPhone 6s/6」はどれをとっても無駄がなく、最小限なのに使いごたえがあるから驚きだ。そんなわけで、ふだんはメモパッドとiPhoneをセットにしていることが多いのだが、本体ケースにとりつけなくても、小銭入れにカードポケットをくっつけてお財布として使っており、結局鞄の中には他の2つのオプションも入っているという状態になった。いずれもサイズが同じくらいなので、鞄の中でまとめやすいところも気に入っている。機能的なiPhoneケースをお探しの方にはぜひオススメしたい。

サイズがほぼ同じなので、かさばりにくいところもいい

 ちなみに、筆者はそれまで使っていた透明なiPhoneケースをそのまま貼り付けてしまったが、まったく問題無く使えている。

 世間では新型iPhoneの噂も出てきている。デザインがどう変わるかわからないが、サイズが同じでカメラの位置も変わらないならそのまま使えるだろう。貼り付けるだけなので、サイズさえ大きくなければ、いざとなったらカメラの位置を中心に固定すればそのまま使えるはずだ。

(すずまり)