ケータイ新製品SHOW CASE

ARROWS NX F-05F(Red)

2014年5月30日発売

【読者の評価】 4.1

端末前面
背面。ユーザーによるバッテリー交換は不可
上部。イヤホンジャックとmicroUSBポートはキャップレス防水を採用
下部。microUSBポート
左側面
右側面
前面キーはオンスクリーンキーを採用
背面カメラは約2070万画素。カメラ下に指紋センサーを搭載
フルセグ・ワンセグ・NOTTVアンテナは右上部から伸びる
左側面上部に音量キーと電源キー
左下部にストラップホール
上部キャップ内にmicroSIMトレイとmicroSDスロット
俯瞰したところ(前面)
俯瞰したところ(背面)
ロック画面(ARROWS)
ホーム画面(NX!ホーム)1
ホーム画面(NX!ホーム)2
ホーム画面(NX!ホーム)3
アプリ一覧画面1
アプリ一覧画面2
アプリ一覧画面3
アプリ一覧画面4
初期設定では、ドコモ標準のホーム画面、docomo LIVE UXが設定されている
フィーチャーフォンに近いデザインのホーム画面、docomo シンプルUIも搭載
電源メニュー
通知エリア
アプリ使用履歴画面
動作を一部のアプリのみに限定して節電する、非常用節電モードを搭載
非常用節電モードを起動したところ。画面の輝度やバックグラウンドでの動作も制限される
前面キーのアイコンを押すと、画面が下にスライドし、上部をさわりやすくなる機能
画面端からスライドさせて、ランチャーなどを呼び出すことができる
スライドインランチャーを呼び出したところ
スクリーンショット上から手書きでメモできるキャプメモ
日本語入力エンジンとして、Super ATOK ULTIASを搭載
ATOKを表示したところ。従来通り、上から手書き入力も可能
ATOKの選べるキーボード。他社の機種のキーボード配置を選べる
iPhone風のキー配置に設定したところ
フィーチャーフォン風のキー配置も選択できる。この設定では、フリック入力はできな
フリック入力学習モードを搭載
カメラUI
撮影設定
ギャラリーアプリ
高音質化機能として、Dolby Audioを搭載
テレビアプリ。フルセグとワンセグに対応
ヘルスケアアプリ、健康生活日記
端末を枕元に置くことで、睡眠状態を把握できる
インカメラを用いた脈拍測定が可能
睡眠状態にあわせて最適なタイミングでアラームを鳴らすスッキリ目覚まし
天気アプリ
辞書アプリ。漢和辞典や、現代用語の基礎知識なども搭載
ブラウザで本誌を開いたところ
オフィスアプリ
ファイル管理アプリ
電卓
設定アプリ
音楽・動画補正機能を備える
エコアプリ、NX!エコ
エコモードで制限する機能の詳細な設定が可能
モバイルデータ通信とWi-Fiを同時に利用して高速に通信するマルチコネクションに対応
ロック解除方法として、指紋認証が選択できる
FMトランスミッタ機能を搭載
撮影サンプル。5248×3936ドット。リンク先の画像は無加工
接写サンプル。5248×39360ドット。リンク先の画像は無加工
HDR撮影サンプル。5248×3936ドット。リンク先の画像は無加工

【おもな仕様】
メーカー 富士通
サイズ
(高×幅×厚)
約140×69×10.4mm(最厚部:約11.2mm)
重量 約159g
通信方式 LTE/3G/GSM
データ通信速度 Xi(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)
FOMAハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)
連続通話時間 3G:約840分/GSM:約720分
(※VoLTEには7月下旬に対応予定)
連続待受時間 LTE:約720時間/3G:約860時間/GSM:約690時間
バッテリー容量 3200mAh
充電時間 約190分
OS Android 4.4
CPU クアルコム MSM8974AB 2.3GHz(クアッドコア)
メモリー/ストレージ 2GB/32GB
外部メモリ microSDXC(最大64GB)
ボディカラー Gold、White、Red
【ディスプレイ】
ディスプレイサイズ 約5.0インチ
表示形式/表示色数 TFT(WhiteMagic)/約1677万色
ディスプレイ解像度 1920×1080ドット
【カメラ】
メインカメラ 有効画素数約2070万画素 CMOS
サブカメラ 有効画素数約130万画素 CMOS
最大撮影サイズ(静止画) 5248×3936ドット
最大撮影サイズ(動画) 1920×1080ドット
【その他】
防水/防塵 ○/×
ワンセグ
フルセグ
NOTTV
赤外線通信
おサイフケータイ
NFC
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Wi-Fiテザリング ○(最大10台)
Bluetooth V4.0