記事検索
連載バックナンバー

スマートフォン周辺機器カタログ
5GHz帯対応! 最新無線LANルーターで高速ネット接続


 スマートフォンにほぼ100%の確率で搭載されている無線LAN(Wi-Fi)機能。外出先では3G、自宅に帰ってきたら無線LAN経由で光ファイバーやADSLの高速接続を堪能するといった使い方をしている人も多いことだろう。その際に欠かせないのが、言わば“親機”である無線LANルーターだ。

 無線LANルーター選びで重要なのが通信規格。特に「IEEE 802.11aをサポートしているか否か」に注目するといいだろう。11a対応ルーターは、標準的な2.4GHz帯に加えて5GHz帯にも対応していることを意味する。5GHz帯をサポートするスマートフォンも急増中だ。

 この他にも、2.4GHz帯と5GHz帯の同時使用ができるかどうか、IEEE 802.11n通信時の最大速度はどうか、といった細かな注意点もある。例えば、ルーター側で「最大450Mbps通信対応」とアピールしていても、現状のスマートフォンにとっては完全にオーバースペック。しかし、Windows 8世代の最新ノートパソコンを購入予定となると、話は変わってくるだろう。製品の公式サイトをじっくり読んで、自分の用途にぴったりな1台を見つけてほしい。




【AD】Amazon.co.jpで購入
WZR-D1100H
バッファロー
1万3833円(Amazon.co.jp販売価格)
 次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ac」の技術を一部先取りすることで、最大通信速度600Mbpsを実現したルーター。11acに対応したスマートフォンやノートパソコンは現時点で皆無だが、5GHz帯への対応や、450Mbpsの11n通信など、基本スペックが非常に充実している。AOSS2(後述)対応。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WZR-600DHP
バッファロー
7525円(Amazon.co.jp販売価格)
 5GHz帯対応の無線LANルーター。IEEE 802.11a/b/g/nの同時通信をサポートし、最大通信速度は300Mbps。バッファローが新たに策定した無線LANセットアップ技術「AOSS2」を搭載する。これにより、スマートフォン単体(=アプリ不要)でインターネット接続設定が行える。パソコンが一切ない家庭でルーターを導入したい場合などに役立つ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WZR-450HP
バッファロー
9480円(Amazon.co.jp販売価格)
 徐々に増加中の450Mbps(11n)通信対応ルーター。ただし、5GHz帯はサポートしていない。AOSS2、有線LANポートのギガビット(1000BASE-T)対応など、前述のバッファロー製2モデルと共通部分も多い。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WLAE-AG300N
バッファロー
4972円(Amazon.co.jp販売価格)
 マンション備え付けの有線LANルーターなどに、無線LAN機能を付加したいときに必要な「アクセスポイント」とよばれるカテゴリーの製品。非常に小型で、電源コンセントに直差しすることができる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WNDR4500
ネットギア
1万2800円(Amazon.co.jp販売価格)
 2.4/5GHz帯同時使用が可能で、なおかつ双方とも450Mbps通信をサポートする高性能ルーター。この「450Mbps+450Mbps」を実現しているモデルは、国内でも未だ少数派だ。有線LAN部は全5ポートともギガビット対応。USB機器をネットワーク内で共有する機能も備えている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WR9500N
NEC
8972円(Amazon.co.jp販売価格)
 NECブランドのルーターとしては現在最もハイエンドな製品。5GHz帯での450Mbps通信と、2.4GHz帯での300Mbps通信を同時に行える。背面USBポートにはハードディスクやウェブカメラが接続でき、インターネット経由でも共有可能。QRコードによるスマートフォン接続設定にも対応している。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WR9300N
NEC
8441円(Amazon.co.jp販売価格)
 2.4GHz帯(IEEE 802.11b/g/n)のみをサポートする無線LANルーター。最大通信速度は450Mbps。その他のスペックはWR9500Nとかなり共通化されている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LAN-WH450N/GP
ロジテック
9741円(Amazon.co.jp販売価格)
 3本の大型アンテナが独特な無線LANルーター。IEEE 802.11a/b/g/n対応で、最大通信速度は11a/n時が450Mbps、11b/g/n時が300Mbps。iOS/Android用アプリ「QRかんたん接続」による無線LANセットアップに対応している。有線LAN部は1000BASE-T対応。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LAN-W300N3L
ロジテック
5436円(Amazon.co.jp販売価格)
 9月中旬発売予定の新製品。通信規格としてはIEEE 802.11b/g/n(最大通信速度300Mbps)のみをサポートするオーソドックスな製品だが、インターネット接続回線として携帯電話各社の3Gデータ通信アダプターを使えるのが特徴。通常のモデム接続も当然サポートする。有線回線故障時のバックアップとしても役立ちそうな機能だ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LAN-W300N/RS
ロジテック
3063円(Amazon.co.jp販売価格)
 手のひらサイズの無線LANルーター。ホテル備え付けの有線LAN環境をWi-Fi対応にし、ノートPCとスマートフォンを2台同時ネット接続するための製品。無線部は2.4GHz帯のみをサポートし、通信速度は最大300Mbps。ただし、有線LAN端子はWAN側・LAN側ともに1ポートずつ。ブラックとホワイトのカラーバリエーションを用意する。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WN-AG450DGR
アイ・オー・データ機器
7045円(Amazon.co.jp販売価格)
 5GHz帯使用時は最大450Mbpsで通信可能。2.4GHz帯では最大300Mbps。周波数帯ごとにそれぞれ専用のCPUを割り当てることで、同時通信時のパフォーマンスダウンを防いでいるという。なお、アイ・オーではiOS/Android用にルーターセットアップ用アプリ「QRコネクト」を公開中だ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WN-G300TVGR
アイ・オー・データ機器
1万1071円(Amazon.co.jp販売価格)
 地上デジタル放送用チューナーを内蔵。受信した映像はPC、あるいはiOS用アプリ「テレキングmobile」を通じて視聴できる。無線LANルーターとしても普通に使える。IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)のみのサポートで、最大通信速度は300Mbps。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MZK-WG300DX
プラネックスコミュニケーションズ
7726円(Amazon.co.jp販売価格)
 2.4/5GHz帯の同時使用をサポートする。最大通信速度は300Mbps。スマートフォンから簡単にセットアップするためのアプリをiOS向けに先行リリース中。Android版は9月18日に公開する予定。本体にはUSBポートを備えており、3Gデータ通信アダプターによるネット接続、USBストレージなどを共有可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MZK-MF300D
プラネックスコミュニケーションズ
5980円(Amazon.co.jp販売価格)
 持ち運びを意識した小型ルーター。側面スイッチを切り換えることで、有線LAN専用機器を無線LAN対応にするための「コンバータ」としても使えるのが魅力。ルーターとして使っても2.4/5GHz帯同時使用、300Mbps通信が可能だが、有線LAN端子数が1つである点には注意しよう。
HOME SPOT CUBE
au
月額レンタル料525円(無料化施策あり)
 auが携帯電話契約者向けに有料オプションとしてレンタル提供している無線LANルーター。販売は原則行われていない。IEEE 802.11a/b/g/n同時通信対応で、最大速度は150Mbps。有線LAN端子は合計2ポートのみ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
AirMac Express
アップル
7588円(Amazon.co.jp販売価格)
 アップルが6月に発売した製品。IEEE 802.11a/b/g/n同時通信に対応する。Mac OS XおよびiOS用の設定アプリが公開されている。また、スピーカー接続用の3.5mmオーディオ端子を搭載。「AirPlay」により、iPhoneに保存してある音楽をワイヤレスで受信・出力できる。

 

(森田 秀一)

2012/9/25 14:49