記事検索
連載バックナンバー

スマートフォン周辺機器カタログ
スマホで手軽に印刷! 無線LAN対応プリンタ最新モデル


 スマートフォンとパソコンの両方に対応する周辺機器は数多くあるが、中でも急激に対応モデルが増加しているのがプリンタだ。有線LANあるいは無線LANで直接ネットワーク接続できる機種であれば、ほぼ例外なくスマートフォン印刷が可能となった。

 プリンタ本体の価格もこなれてきた。スキャナ機能はほぼ標準装備となり、スマートフォン対応で2万円を切る製品も珍しくない。継続的にインクを購入する必要はあるが、1台あれば、年賀状、帳票、ウェブ、メール、地図の印刷で重宝することだろう。

 今回ご紹介するプリンタは、いずれも2012年後半になってから新発表されたモデルばかり。価格バリエーションも幅広く、ADF(スキャナ用自動原稿送り機構)、FAX、タッチパネル液晶の有無などが選べる。自分の用途にあった1台がきっと見つかるはずだ。




【AD】Amazon.co.jpで購入
MG6330
キヤノン
2万4300円(Amazon.co.jp販売価格)
 インクジェットプリンタ「ピクサス」シリーズの2012年末モデルの中で、もっとも高機能なモデル。スキャナ機能を内蔵したまま、既存機種よりも本体の高さを抑え、かつ給紙を前面カセットのみとしたことで、設置自由度を向上させた。また、パソコンやスマートフォンからの印刷実行時に自動で電源オン・排紙トレイがオープンする。5種類の本体カラーバリエーションを用意するのも特徴。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MG4230
キヤノン
1万3374円(Amazon.co.jp販売価格)
 2.5型モニター(タッチ非対応)、無線LAN接続機能を備えながら1万5000円前後の価格を実現したスタンダードモデル。スマートフォン印刷機能はMG6330とほぼ同様。専用アプリ「Canon Easy-PhotoPrint」、AirPrint、Google クラウドプリントを利用できる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
iP7230
キヤノン
1万4129円(Amazon.co.jp販売価格)
 スキャナ非搭載のプリンタ専用機。2種類の黒インクを含む全6色での印刷(最高解像度9600dpi)、はがき対応の自動両面印刷機能など、低価格複合機を上回る印刷性能を備える。スマートフォンからの印刷ももちろん可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
EP-905A
エプソン
3万3849円(Amazon.co.jp販売価格)
 カラリオ2012年末モデルの中でもっともハイエンドなモデル。スキャナ部に両面対応ADF機構を追加搭載している点がEP-805Aとの大きな違い。スマートフォン印刷機能はほぼ同等で、専用アプリ、AirPrint、Google クラウドプリントいずれの方式とも使える。FAX機能付きモデル「EP-905F」もある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
EP-805A
エプソン
2万5300円(Amazon.co.jp販売価格)
 「カラリオ」シリーズの中で、特に中心的な存在として位置付けられているプリンタ・スキャナ複合機。前モデルと比較し、40%近いスリム化を果たしたのが最大の特徴。有線・無線でのネットワーク接続機能はもちろん、自動両面印刷機能の標準化、背面の1枚手差し給紙など、さまざまな面で使い勝手をアップさせた。3種類のカラーバリエーションを用意する。

【AD】Amazon.co.jpで購入
PX-435A
エプソン
1万4362円 (Amazon.co.jp販売価格)
 無線LAN機能付き複合機としては、カラリオ2012年末モデルの中でも一番安価なモデル。印刷インク数は4色となるが、1.44型液晶やSDカードスロットはしっかり備えている。スマートフォン印刷にも対応する。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MFC-J4510N
ブラザー
2万7926円(Amazon.co.jp販売価格)
 11月上旬発売予定の新製品。A4用紙を横方向に給紙するという独特の構造により、本体奥行き290mmを実現した。また、手差し給紙によるA3印刷にも対応する。FAXや最大20枚までの片面ADF機能を備えるが、これらが不要というユーザー向けに「DCP-J4210N」という製品もラインナップする。

【AD】Amazon.co.jpで購入
DCP-J540N
ブラザー
1万3425円(Amazon.co.jp販売価格)
 自動両面印刷機能や有線LAN機能を省略した低価格モデル。とはいえ、無線LANには対応しているので、専用アプリ「iPrint&Scan」やAirPrint、Google クラウドプリントを使ったスマートフォン印刷は可能だ。なお、ブラザーでは2012年8月に一般消費者向けプリンタのブランド名を変更。これまでの「マイミーオ」から「プリビオ」へ一新している。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MFC-J960DN
ブラザー
3万4883円(Amazon.co.jp販売価格)
 ブラザー製プリンタ・複合機ラインアップの特徴とも言える「電話機能付きモデル」。FAX機能付きの製品は他社にもあるが、MFC-J960DNは本体に受話器が付くだけでなく、コードレス電話1台を標準でセットする。電話やFAX機能を省略した「DCP-J940N」は1万円台後半。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Photosmart 6520
HP
1万3909円 (Amazon.co.jp販売価格)
 2種類の用紙を同時にセットできる前面給紙トレイ、3.45型タッチパネル液晶、両面印刷機構など、印刷をより快適にするための機能が豊富。また「Print Apps」機能により、パソコンを使うことなくPhotosmart 6520単体で、ネットから印刷用コンテンツ(帳票や子供用教材・塗り絵など)をダウンロードできる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Photosmart 5520
HP
8890円(Amazon.co.jp販売価格)
 無線LAN機能内蔵の複合機ながら、実売ベースで1万円を切る低価格モデル。2.65型タッチパネル液晶、ルーター不要のダイレクト接続モードを備えるなど、パソコンレスでの使用が考慮されている。iOS端末からは専用アプリもしくはAirPrint、Androidからは英語版専用アプリを使ってワイヤレス印刷できる。

 

(森田 秀一)

2012/11/1 09:00