記事検索
連載バックナンバー

スマートフォン周辺機器カタログ
スマホ手袋&タッチペンで、冬の寒さを乗り切ろう!


 寒風吹きすさぶ屋外でスマートフォンを操作したい。───そんなときに役立つグッズとして、ここ数年で「スマートフォン用手袋」がで急速に台頭してきた。指先部分に特殊な導電性素材を用いることで、手袋をしたまま静電容量式タッチパネルを操作できる。 そしてもう1つ、タッチペン(スタイラス)にも注目したい。手書きメモ派が、季節に関係なく通年使用する製品だが、通常の手袋をしたままでも使える場合がある。スマホ手袋、タッチペンの2つを上手に使い分けて、冬の寒さを乗り切ろう。




【AD】Amazon.co.jpで購入
P-GV11
エレコム
1443円(Amazon.co.jp販売価格)
 大手PC周辺機器メーカーの中でも、特に「スマホ手袋」のラインアップを充実させているのがエレコムだ。こちらは、東洋紡の「eks」という素材を用いた製品。人体の水分を吸収し、手袋自体が発熱する。材質はおもにアクリル、ポリエステルなど。ノルディック柄で、ブラックとブラウンの2色展開。

【AD】Amazon.co.jpで購入
P-GV10
エレコム
836円(Amazon.co.jp販売価格)
 柄や装飾がほとんどない、オーソドックスなデザインの手袋。性別を問わず使える。親指・人差し指・中指の部分に導電繊維が用いられている。カラーバリエーションはブラック、ブルー、グレー、レッドの4種類。材質はアクリル、ナイロンほか。

【AD】Amazon.co.jpで購入
イーチップグローブ(NN61222)
THE NORTH FACE
4410円(直販サイト価格)
 アウトドア用品ブランド「THE NORTH FACE(ノースフェイス)」が発売するスマートフォン対応手袋。全体としてはストレッチフリース素材製だが、親指・人差し指・中指の先端部分に特殊素材を用いることで、タッチパネル操作を可能とした。手のひら部は人工皮革。3種のカラーバリエーションに加え、サイズもXSからLまでの4種類がある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
smart touch 5113
ミドリ安全
980円(直販サイト価格)
 安全靴、ヘルメット、作業衣のメーカーとして知られる「ミドリ安全」製。ノルディック柄、滑り止め付き、無地など多数のバリエーションを用意するが、こちらは「細ボーダー」と呼ばれるタイプ。伸縮性が高いため、性別問わず装着できる。カラーバリエーションは4種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
KAWA
EVOLG
8190円(Amazon.co.jp販売価格)
 スマートフォン手袋と言えば毛糸風(アクリル)素材のものが多いが、この製品は皮の質感を実現。素材は「Lamb Leather、Acrylic」としている。カラーバリエーションはブラウン、ブラック、オレンジで、サイズはMとLの2種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
touch grip
momiji gloves
2300円(直販サイト価格)
 福岡で軍手製造を長らく手がける株式会社イナバが、スマートフォン手袋の専門ブランドを立ち上げ、販売しているのがこちら。「touch grip」は手のひらから指の腹にかけて滑り止め加工を施しているタイプ。カラーバリエーションは5種類、サイズはSとM。

【AD】Amazon.co.jpで購入
iTouch Gloves
iTouch Gloves
1890円
 5本指ともすべてタッチパネル操作に対応。材質はおもにウールやナイロン。ノルディック柄を含め、全10種類のカラーバリエーションを用意している。サイズはSとLの種類。指先から手首までの長さが表記されているので、サイズ選びの参考にしよう。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Agloves Sport
Agloves(コスモシステム)
2980円
 おもに米国で販売されてきたスマートフォン用手袋。銀素材融合のナイロン繊維「X-Static」により、手袋全体がタッチパネル対応になっているのが特徴という。ただし、金属アレルギーがある場合は使用を控えてほしいとのこと。サイズは2種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
200-PEN002
サンワダイレクト(サンワサプライ)
980円(直販サイト価格)
 導電性素材の採用、かつ薄手仕上げとすることで操作性の向上を図ったスマートフォン手袋。指紋付着抑制にも効果があるとしている。カラーバリエーションは黒、グレー、ピンクの3種類。フリーサイズ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SB-SA23-SGME
SoftBank SELECTION
1680円(直販サイト価格)
 男性用に3種、女性用に2種のバリエーションを展開する。女性用はリボンの付いた落ち着いたデザインで片手3本指操作に対応。男性用は両手10本指すべてでタッチパネル操作が可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Su-Pen P170M-CLB
7knowledge (MetaMoji)
2980円
 スマートフォン用手書きアプリ「7notes」の開発責任者らが、書き味追求のために手がけたタッチペン。2モデルラインナップのうち、こちらのCLモデルはキャップ付き。おもな材質は真鍮で、長さ約12cm、太さ0.95mm、重量が約20g。本体色は3種類。なお、対応機種を「iPhone、iPad、iPod touch」としている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Bamboo Stylus solo
ワコム
2336円(Amazon.co.jp販売価格)
 イラストレーター御用達タブレットのメーカー、ワコムの製品。こちらのBamboo Stylusは電子結合式タッチパネル搭載製品に幅広く対応するタッチペンで、ゴム製ペン先を6mmと細くした。カラーバリエーションは6種類。「Solo」のほか、ボールペン一体型の「Duo」、手書きアプリ「paper」など関連製品多数。

【AD】Amazon.co.jpで購入
STYLUS U3
ZEBRA WING
1909円(Amazon.co.jp販売価格)
 大手筆記具メーカー「ゼブラ」から発売中のボールペン機能付きタッチペン。見た目は高級感あるボールペンそのものだが、ペン先の反対側(おしり)にタッチパネル操作用のナイロン繊維が組み込まれている。カラーバリエーションは4種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Jot Pro (Dampening)
プリンストンテクノロジー
2709円(Amazon.co.jp販売価格)
 米国adonit社が開発したスマートフォン用タッチペン。シャープペンを思わせるペン先部をよく見ると、透明なディスクがボールジョイントで連結しているという独特の構造を採用する。画面接触時にペン先が沈み込むような効果を得るためのダンパーも内蔵。本体色は6種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Smart@lpha2
サカモト
1050円(直販サイト価格)
 先端部に導電性金属繊維がついたタッチペン。本体をひねると、逆の先端部から油性ボールペン芯がでるという1台2役な製品。手袋をした状態でも問題なく使えることが明言されている。カラーバリエーションは3種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SB-TP01-LGWC/BK
SoftBank SELECTION
2160円(直販サイト価格)
 ペン軸内に最大3つの重り、もしくはスペーサーを挿入することで、重心を変えられる「ウェイトチェンジ タッチペン」。ペン自体の重量は約12g。1つあたり7gの重りが3個、スペーサーは2個付属する。カラーバリエーションはブラックとシルバー。

【AD】Amazon.co.jpで購入
P-TPEXSV
エレコム
982円(Amazon.co.jp販売価格)
 先端部がゴム製のタッチペン。伸縮式構造のため、最長時約80mmに対し、約20mm縮めた状態でも使用・持ち運びができる。イヤホンジャックに差し込めるストラップ付き。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LP-RD307S
サンワサプライ
4172円(Amazon.co.jp販売価格)
 タッチペン、伸縮式指示棒(8段階)、さらにはレーザーポインターまでもが一体となった製品。ボタン電池(LR41)を3個内蔵し、ペンの直径は9.7mm、重量が42g(電池含む)。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SMART-CAP S size
UNUS PRODUCT SERVICE
1600円
 手持ちのボールペンなどにそのまま付けられる、キャップ状のタッチペン。ペン先はゴム仕上げで太さ約5mm。なお、取付用推奨ペンは、サクラクレパスの「ボールサイン」シリーズ、bicの「medium 1.0」シリーズなど。ちなみに別モデル「M size」はぺんてるのサインペンなどに対応する。

 

(森田 秀一)

2012/11/28 10:00