スマートフォン周辺機器カタログ

スマホの画面をテレビに映そう! MHL&Miracast活用篇

 スマートフォンに撮りためた写真や動画を大画面テレビで見たい。あるいは、プレゼンでスマートフォンの画面を沢山の人に見せたい。そういった需要に応えるため、映像を外部出力するための製品が増えつつある。

 その中で注目したいのが「Miracast」と「MHL」だ。「Miracast」は、テレビとAndroidスマートフォンを無線LAN(Wi-Fi)でダイレクトに接続し、映像を転送するというもの。ワイヤレスならではの自由なスタイルで使える点が魅力だ。

 もう1つの「MHL」は、Androidスマートフォン側のmicroUSB端子と、テレビ側のHDMI端子をケーブル接続し、スマートフォンの画面を出力する。スマートフォンにHDMI端子が不要で、接続中に充電もできるというものだ。

 MHLやMiracastを利用するには、テレビとスマートフォンの双方が規格に対応していなければならない。つまり、「MHL対応テレビ」ないし「Miracast対応テレビ」が必要になる。製品普及の過渡期である現在、既存のテレビで利用できるよう、機能を後付けするためのアダプタ類も販売されている。特にMHLはケーブルの扱いがかなり紛らわしいので、間違えないように注意されたい。

MHLとMiracast両対応のテレビ


【AD】Amazon.co.jpで購入
AQUOS LC-24MX1
シャープ
Amazon.co.jp販売価格:5万6797円
 MHLとMiracastの両方に対応したテレビ。「AQUOS」ブランドの中でも特にパーソナルユースを意識した製品と言えるだろう。画面サイズは24インチのみだが、一方でグリーン、オレンジ、シルバーのカラーバリエーションを用意している。MX1をBluetoothスピーカーとして使う機能もある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
REGZA 39S7
東芝
オープン
 6月中旬〜下旬にかけて発売予定の新型テレビ。シングルチューナー仕様のシンプルモデルだが、MHLに対応。MHL対応スマートフォンの充電、外部映像出力機能を手軽に利用できる。こちらの39インチモデルのほか、23/29/32インチモデルのラインナップも。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Smart CINEMA 3D TV 55LA9600
LG
35万円(予想実売価格)
 4月発表のLG製新型テレビの中でも特にハイエンドなモデル。画面サイズ55インチ、幅2.6mmの狭額縁デザイン、声や手かざしによるコントロールなど、高い機能を誇る。7月上旬発売予定。MHLとMiracastいずれにも対応している。

【AD】Amazon.co.jpで購入
KDL-40W900A
ソニー
16万9800円(直販サイト価格)
 MHLに対応する。また、Miracast準拠の画像ミラーリング機能を搭載。付属のリモコンに対応スマートフォンやタブレットをかざすだけで映像外部出力設定を完了させられる。40インチモデルは7月5日発売予定だが、46/55インチモデルはすでに発売中。

Miracastアダプタ


【AD】Amazon.co.jpで購入
PTV3000
ネットギア
Amazon.co.jp販売価格:7980円
 Miracast機能を既存のテレビで利用するためのアダプタ。Miracast対応スマートフォンとのワイヤレス接続を担う。ワイヤレス部はIEEE 802.11a/b/g/nで、最大通信速度は300Mbps。外形寸法は84×51×12mmで、重さは48g。なお、PC向けワイヤレスディスプレイ規格「WiDi」にも対応している。
EB-L70181
パナソニック
8980円(直販サイト価格)
 パナソニック製のMiracast機能追加アダプタ。同社直販サイトでの限定販売されている。また、対応スマートフォンは、いまのところELUGA X(P-02E)など同社製品に限られるが、テレビについては他社製品に対応。検証テレビ一覧を公開している。

MHLアダプタ


【AD】Amazon.co.jpで購入
BSMPC16M
バッファロー
Amazon.co.jp販売価格:2245円
 テレビ、スマートフォンのいずれもがMHLに対応している場合に使えるケーブル。両端にはHDMIとmicroUSB端子がそれぞれ繋がっている。スマートフォン側だけがMHLに対応していてもこのケーブルは使えないので注意しよう。ケーブル長1.0/1.5/2.0/3.0mの4バージョンがラインナップされている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MPA-MHLC30BK
エレコム
Amazon.co.jp販売価格:3277円
 テレビとスマートフォンのいずれもMHL正式対応している時に使えるケーブル。これであれば、別途USB充電アダプターを用意することなく、テレビから直接スマートフォンへの給電(充電)が行われる。ケーブル長は0.5/1.0/2.0/3.0mの4種類。

【AD】Amazon.co.jpで購入
DLC-MB20
ソニー
3980円(直販サイト価格)
 MHL対応テレビ-MHL対応スマートフォン接続用のケーブル。ソニー製。テレビからスマートフォンへの給電にも対応する。ケーブルは1.0/1.5/2.0mの3種類のバリエーションがある。製品情報ページでは、対応テレビやスマートフォンのリストも掲載している。

【AD】Amazon.co.jpで購入
BSMPC09BK
バッファロー
Amazon.co.jp販売価格:1309円
 HDMI端子を搭載してはいるがMHL非対応のテレビに、MHL対応スマートフォンを接続する場合、変換アダプタが必要となる。こちらは、シンプルなボックス形状の変換アダプタ。実際の利用にあたっては、HDMIケーブルも必要。また、変換アダプタへUSBケーブル経由で給電すると、スマートフォンの充電もできる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
BSMPA17
バッファロー
Amazon.co.jp販売価格:3217円
 前述の「BSMPC09BK」とほぼ同じ機能を備えるMHL変換アダプタ。こちらは天面にスマートフォンを置けるよう、スタンド付きとなっている。ブラックとホワイト2種類のカラーバリエーションがある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MPA-MHLAD02BK
エレコム
Amazon.co.jp販売価格:1300円
 MHL非対応テレビ用のmicroUSB-HDMI変換アダプタ。他の製品と同様、スマートフォン側はMHLのサポートが必須となる。また、スマートフォンの充電および変換アダプターの動作のために、別売USBケーブル経由で給電する必要がある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MPA-MHDAC20BK
エレコム
Amazon.co.jp販売価格:2733円
 いわゆるMHL変換アダプタだが、ボックスをHDMIのコネクタへ一体化させたもの。給電用microUSBポートはケーブルで外出しされている。ケーブル長1.0mと2.0mの2バージョンがある。この製品は給電用ACアダプタを同梱した製品だが、非同梱タイプの「MPA-MHDR」シリーズもある。

【AD】Amazon.co.jpで購入
500-HDMI006MH
サンワダイレクト(サンワサプライ)
1480円(直販サイト価格)
 オーソドックな形状のMHL変換アダプタ。スマートフォン接続用USBケーブル、HDMI(メス)、給電用microUSB端子を備えている。対応スマートフォンのリストも公開中。

【AD】Amazon.co.jpで購入
REX-MHL2HDMI
ラトックシステム
Amazon.co.jp販売価格:3818円
 MHL変換アダプタとして標準的な機能を備えつつ、赤外線リモコンによる操作にも対応。リモコンにはカーソルキー、映像・楽曲コントロールキー(再生、一時停止、早送り/巻き戻しなど)を搭載。

【AD】Amazon.co.jpで購入
RSO-S3A
ラトックシステム
Amazon.co.jp販売価格:1499円
 MHLではスマホのmicroUSB端子を使って接続するケースがほとんどだが、サムスン製のGALAXY SIIIなどでは端子のピン配列独自のもので、標準的なケーブル/アダプタ類が使えるように変換アダプタが必要になる。前述のREX-MHL2HDMIと組み合わせて使う。類似の製品は他社からも発売されている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SMMHL-01BK
ナカバヤシ
Amazon.co.jp販売価格:1800円
 MHL非対応テレビ用の変換アダプタ。他の製品同様、シンプルなボックス形状となっている。HDMIケーブルや給電用microUSBケーブルなどは別売。

(森田 秀一)