スマートフォン周辺機器カタログ

夏本番! お出かけを楽しくするスマホ関連グッズいろいろ

 季節はいよいよ夏。8月中旬の連休を控え、今まさにお出かけ計画を練っている方も多いだろう。そこで今回は、屋外、移動時、あるいは滞在先などでスマートフォンをより便利に、楽しく使うためのグッズをご紹介しよう。


【AD】Amazon.co.jpで購入
Catalyst Case for iPhone 5/5s
トリニティ(Catalyst)
Amazon.co.jp販売価格:7860円
 夏と言えば海&プール。しかし、そういった場所で防水機能のないiPhoneを使うのは心配だ。こちらのiPhone 5/5s専用防水ケースは、水深5mに耐え、耐衝撃能力もあるという本格的なもの。さらに、取り付けた状態でもiPhone 5sの指紋認証機能が使える。

【AD】Amazon.co.jpで購入
GH-WPCAK
グリーンハウス
Amazon.co.jp販売価格:798円
 汎用の防水ケース。70×135×15mm程度のスマートフォンを収納できるという。もちろん、収納した状態のまま、タッチパネル操作が可能。また、表裏ともに透明素材製なのでカメラ撮影も行える。ネックストラップ付き。

【AD】Amazon.co.jpで購入
CP-B20
ソニー
1万5660円(直販サイト価格)
 スマホの使い過ぎで家やホテルに着くまでバッテリーが持たなさそう! そんなときこそ「モバイルバッテリー」の出番だ。こちらはソニーの最新モデルで、容量2万mAh(最大出力5V/6.9A)。標準的なスマホを8回充電できるという。USB出力ポートは4つ、本体重量は約550g(!)

【AD】Amazon.co.jpで購入
Anker Astro3 第2世代 12000mAh 大容量 モバイルバッテリー
Anker
Amazon.co.jp販売価格:3999円
 米国の新興デジタル機器メーカー「Anker」の製品。容量や形状の異なるモバイルバッテリーを多数リリースしているが、こちらは「2nd Gen(第2世代)」の名前が付けられたタイプ。「PowerIQ」という技術により、充電機器互換性を高めているという。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Power Plus 10400mAh DANBOARD Version
cheero(チーロ)
Amazon.co.jp販売価格:3750円
 漫画「よつばと!」のキャラクター「ダンボー」をモチーフにした、可愛らしい外見が特徴。容量1万400mAh、2台同時出力に対応するなど、スペックは本格的。カラーバリエーションにあたる「FLAVORS」シリーズや、目の部分が光るタイプなども発売中。

【AD】Amazon.co.jpで購入
QE-PL302
パナソニック
Amazon.co.jp販売価格:4231円
 無接点充電規格「Qi」に対応。別売り充電パッドとの併用により「置くだけ充電」が実現する。なお、モバイルバッテリーは一般的に容量が大きくなればなるほど、本体重量も重くなる。持ち運びを考慮して、あえて小容量品を買うという選択肢もある。こちらの製品は8700mAhで、重量は約220g。

【AD】Amazon.co.jpで購入
WFS-SR02
アイ・オー・データ機器
Amazon.co.jp販売価格:5598円
 SDカードやUSBメモリに保存したデジカメ画像などのデータを、無線LAN経由でシェアするための製品。一般的には「Wi-Fiストレージ」などと呼ばれる。こちらのモデルはバッテリーを内蔵しているため、屋外でも利用可能。さらにモバイルバッテリー(容量5000mAh)としても使える。

【AD】Amazon.co.jpで購入
AtermW500P
NEC
オープン価格
 「ホテルルーター」「出張用ルーター」などと呼ばれるカテゴリーの製品。ビジネスホテルや旅館など、客室用有線LANはあるけど無線LANがないといった環境で真価を発揮する。近年ハイスペック化も進んでおり、NECの製品は最新無線LAN規格であるIEEE 802.11acをサポート。電源供給用USB電源アダプターなども付属する。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MZK-UE450AC
プラネックスコミュニケーションズ
Amazon.co.jp販売価格:4345円
 こちらもいわゆる「ホテルルーター」。「ちびファイ2 ac」の愛称の通り、IEEE 802.11acをサポートしながらスティック状のサイズ感を実現した。なお、電源供給用のオプションは別売。USB-ACアダプターやノートPC、場合によってはUSB延長ケーブルなども用意しよう。

【AD】Amazon.co.jpで購入
S1
ASUS
Amazon.co.jp販売価格:3万9280円
 旅先などでも使える、持ち運び対応プロジェクター。サイズは110.5×102×30.7mm、重量約342g。AndroidスマホのMHL端子で有線接続することにより、映像を大スクリーンへ投写できる。容量6000mAhのモバイルバッテリーとしても利用可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Anker 14W 5V/2A ソーラーチャージャー
Anker
Amazon.co.jp販売価格:5999円
 スマホ充電などをサポートする折りたたみ式太陽発電パネル。閉じた状態では280×175×25mmとA4用紙ほどのサイズ感だが、開くと880×280mmにまで大型化する。規格的には14W(5V/2A)出力が可能だが、これは日照によっても左右される。ちなみに重量は790gもあるのでご注意を。

【AD】Amazon.co.jpで購入
iH-500-STD
ミノウラ
Amazon.co.jp販売価格:1982円
 自転車に乗っているときもスマホを快適に使いたい。そんな時は自転車のハンドル部に取り付けられるホルダーが便利だ。こちらは自転車用ローラー台などのメーカーとして知られるミノウラの製品。基部をハンドルに常設しておき、ホルダー本体を簡単に取り外せるようになっている。取付可能機種などが異なる「iH-500-OS」という製品もあるので、購入前には十分ご確認を。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Edge810J
ガーミン(いいよねっと)
7万4480円(標準価格)
 より本格的に自転車に乗りたい人のための「サイクルコンピューター」。これ自体がGPSや各種センサー、さらにはバッテリーを内蔵しており、単独で動作するが、スマートフォンとの連携も可能。付属品はスピード&ケイデンスセンサーやハンドルステムマウントなど。

【AD】Amazon.co.jpで購入
CAR-HLD2BK
サンワサプライ
Amazon.co.jp販売価格:888円
 スマホ用車載ホルダー。エアコン吹き出し口のフィンに樹脂クリップを引っかける方式のため、置き場所をとらないのが特徴。また、取付部は回転するため、スマホを縦画面でも横画面でも固定できる。サンワサプライでは、ダッシュボード上に吸盤で設置するタイプのホルダーも販売中。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Jabra STEP Wireless
JABRA
Amazon.co.jp販売価格:9800円
 防滴/防塵仕様のBluetoothイヤフォン。耳かけ式の構造により、スポーツなどアクティブなシーンでの仕様にも耐えるという。両耳式でハンズフリー通話も可能。左右のイヤフォンを繋ぐケーブルの途中部分にはリモコンもあり。

【AD】Amazon.co.jpで購入
USBカーチャージャー 2.1アンペア
Amazonベーシック
Amazon.co.jp販売価格:750円
 自動車のシガーライターソケットに装着し、USB給電を行うためのアダプター。microUSBケーブルやLightningケーブルを用意すればスマホ充電も可能だ。出力はUSBポート2つ合計で2.1Aまで。LEDインジケーター内蔵。

【AD】Amazon.co.jpで購入
BSBT4PT03
バッファロー
Amazon.co.jp販売価格:3060円
 一見するとシガーライター用充電器で、実際にUSB出力ポートを1つ内蔵する。しかし、最大の特徴は「駐車場が広すぎてどこに停めたか忘れてしまった!」という場合に便利な「見つCar〜る」機能。スマホ側のアプリとBluetoothで連携することで、地図上に駐車位置を表示してくれる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LPA-CCI05L5
エレコム
Amazon.co.jp販売価格:2427円
Lightningケーブル(80cm)とそのワンタッチ巻き取り機構を搭載したシガーライターチャージャー。「iPhoneしか充電しない」と決まっている場合に便利そうだ。形状が独特なので、実際の車に装着できるか(周りに干渉しないか)は十分検証しよう。

【AD】Amazon.co.jpで購入
GoPro HERO3+ ブラックエディション
GoPro
Amazon.co.jp販売価格:4万4280円
 スポーツや自動車の運転をしているその瞬間を、実際の目線に近いかたちで撮影できるカメラ。防水ハウジングが標準で同梱されるが、別売りマウントを使えば、頭や胸の部分に装着できる。サーフィン、渓流下り、山歩きなどいろいろ応用が効きそうだ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Pocket Photo(PD239)
LG
Amazon.co.jp販売価格:1万1980円
 久しぶりに友達と再会。一緒にとった記念写真を画像ファイルとしてシェアするのもいいが、それではちょっと物足りない……。そんなときは持ち運べるプリンターが活躍するだろう。バッテリーで駆動し、スマホとはワイヤレスで接続可能。フル充電しておけば30枚程度連続印刷できる。なお、用紙は専用のものが必要。

【AD】Amazon.co.jpで購入
スマホ de チェキ(instax SHARE SP-1)
富士フイルム
Amazon.co.jp販売価格:1万6107円
 スマホとWi-Fiで連携するプリンター。インスタントカメラとして一世を風靡した「チェキ」の名前が冠されている。画像転送用アプリのテンプレート機能を使うことで、位置情報や天候を一緒にプリントできるなど、さまざまなアレンジができる。電源はCR2(リチウム電池)×2本。

【AD】Amazon.co.jpで購入
PDA-MP3C10G
サンワサプライ
Amazon.co.jp販売価格:1273円
 アームバンド型のスマホケース。素材はネオプレンで、多少の伸縮性がある。防水性はないが、ジョギングなど、ポケットの少ない服装で活動する場合に役立つ。2つのポケットのうち、1つはファスナー付き。

【AD】Amazon.co.jpで購入
H6
POLAR(ポラール)
Amazon.co.jp販売価格:6899円
 胸回りに巻き付けるタイプの本格的な心拍計。iOS/Androidのどちらにも対応する。計測値はスマホ側のアプリでモニタリング可能。なお、「H7」というタイプの製品も販売が始まっている。

【AD】Amazon.co.jpで購入
CS-W60HD
プラネックスコミュニケーションズ
Amazon.co.jp販売価格:2万1628円
 いわゆる「ネットワークカメラ」。自宅に設置しておき、インターネット経由で映像を閲覧できる。ペットの見守り、あるいは防犯目的など、用途はさまざま。専用アプリをインストールすればスマホから利用可能だ。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SRS-X1
ソニー
9180円(直販サイト価格)
 防水式のBluetoothスピーカー。浴室のほか、雨水のかかる環境などでも使えるだろう。単体ではモノラルだが、2台繋げることでステレオ再生できるというユニークな機構もある。内蔵バッテリーにより連続駆動時間は約12時間。

(森田 秀一)