スマートフォン周辺機器カタログ

ケーブルの煩わしさから解放! Bluetoothヘッドセット&スピーカー

 ケーブルレスかつハンズフリーで通話するための手段として、いまやすっかりおなじみとなったのがBluetooth接続式のヘッドセットだ。また、ステレオで音楽を楽しむためのイヤホン、ヘッドホン、スピーカーでもBluetooth対応製品が着実に増加。価格もこなれてきている。今回は、ここ半年ほどで発売された新製品を中心にご紹介する。


【AD】Amazon.co.jpで購入
Stealth
Jabra
Amazon.co.jp販売価格:8390円
 スティック状の超スマートデザインが目をひく片耳式ヘッドセット。このサイズでも通話時間最大6時間、雑音低減のためのデュアルマイク仕様、NFCペアリングを実現している。スマートフォン用サポートアプリ(英語版)も配信中。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Voyager Edge
プラントロニクス
Amazon.co.jp販売価格:1万1081円
 プラントロニクスは、航空業界向けヘッドセットの開発などで知られるメーカー。スマホ対応の片耳式の通話用ヘッドセットも多数リリースしているが、この「Voyager Edge」はスリムな外見が特徴。また、付属の充電ケースを併用すれば、使用時間を最大10時間延長できる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
ERA
Jawbone
Amazon.co.jp販売価格:1万1693円
 着け心地を重視したという片耳式ヘッドセット。サポート用アプリを提供するなど、機能面も充実。充電機能付きケースが付属する。なお、従来製品と非常に品番が似ているので、購入時にはご注意を。

【AD】Amazon.co.jpで購入
BSHSBE33
バッファロー
Amazon.co.jp販売価格:2960円
 比較的シンプルな仕様の片耳式Bluetoothヘッドセット。Bluetooth 4.0規格の採用により、従来機種(Bluetooth 3.0対応機)と比較して、一層の低消費電力化が測られているという。NFCペアリング対応。

【AD】Amazon.co.jpで購入
LBT-HS08HMP
エレコム
Amazon.co.jp販売価格:4053円
 自動車のエアコン吹き出し口に取り付けられる充電用ホルダーとシガーソケット充電器が付属する。なお、着信時にホルダーからヘッドセットを取りあげると、自動で通話モードに移行する。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MDR-XB950BT
ソニー
直販サイト価格:1万7820円
 10月発売の新製品。ソニー製Bluetoothヘッドホンの中では「EXTRA BASS」シリーズと位置付けられており、重低音を楽しめるという。また、付属ケーブルを使えば有線ヘッドホンとしても利用可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
MDR-AS800BT
ソニー
直販サイト価格:1万4990円
 10月発売の新製品。いわゆる「コントロールボックス」部を廃し、操作部分を耳元部分に集約した。防滴構造を採用し、スポーツ用途を考慮した製品だが、耳への装着法を2種類から選択できるなど、一風変わった機能もアリ。ソニー製品でおなじみのNFCペアリングに対応。

【AD】Amazon.co.jpで購入
Step Wireless
Jabra
Amazon.co.jp販売価格:7660円
 両耳式のステレオヘッドセット。耳穴で接触する部分のパッドは3種類から選択できる。なお、充電用USBポートは耳元部分に、マイクと楽曲コントロール用リモコンはケーブル途中の操作部にある。
Sport Pulse Wireless
Jabra
Amazon.co.jp販売価格:未定
 国内販売が予告されている新製品。インイヤー式の心拍計を内蔵しており、音楽を聴きながらランニングし、さらに運動強度まで測れる。各種数値をモニタリングするためのスマホ用アプリも同時リリース予定。

【AD】Amazon.co.jpで購入
BackBeat FIT
プラントロニクス
Amazon.co.jp販売価格:1万1411円
 運動中の使用に適するという両耳式のヘッドセット。スポーティーな外見で、防汗仕様を特徴とする。付属アームバンドにはスマートフォンを収納できる。

【AD】Amazon.co.jpで購入
X300
ロジクール
Amazon.co.jp販売価格:6533円
 持ち運び可能な通話対応ワイヤレススピーカー。各種操作はペアリングしたスマートフォン側から行うが、X300側にも通話・終話ボタン、音量調整ボタンが搭載されている。152×71×69mm(幅×奥行×高)、重量約355g。

【AD】Amazon.co.jpで購入
SRS-X3
ソニー
直販サイト価格:1万5530円
185×66×67mm(幅×奥行×高)、重量約850gのワイヤレススピーカー。バッテリーおよびマイクを内蔵し、スピーカーフォンとしても利用できる。NFC対応スマホと組み合わせれば、タッチ操作でのペアリングも可能。

【AD】Amazon.co.jpで購入
ESQUIRE MINI
ハーマンカードン
Amazon.co.jp販売価格:1万6046円
 140×24×76mm(幅×奥行×高)、重量約238gのワイヤレススピーカー。27mmサイズのスピーカーを2つ搭載している。 2000mAhの内蔵リチウムイオン充電池により、約8時間の連続音楽再生が可能。旅先などでも使えるだろう。

【AD】Amazon.co.jpで購入
CHARGE2
JBL
Amazon.co.jp販売価格:1万4235円
 11月10日発売予定のワイヤレススピーカー。筒状の外見で、サイズは184×75×79mm(幅×奥行×高)、重量約540g。大容量内蔵バッテリーにより、連続12時間以上の連続音楽再生が可能。また、Bluetoothで3台同時ペアリングし、音楽を交互に再生できる「ソーシャルモード」機能を用意している。

【AD】Amazon.co.jpで購入
X-SMC01BT
パイオニア
Amazon.co.jp販売価格:1万4508円
単体使用が可能なCDミニコンポ。Bluetooth対応により、スマートフォンに保存した音楽をワイヤレスで再生する機能も備える。なお、正面パネル部は着せ替え可能。2種類のパネルがパッケージに同梱されている。

(森田 秀一)