ケッタイ うぉっち
ケッタイ うぉっち
最新ニュースIndex
【 2006/04/01 】
音声通話対応の差し歯型Blueteethアダプター登場
[04:01]
英ボウダホン、日本法人売却で得た資金で火星に進出
[04:01]
チ代田凶、歩きたばこに続き路上での携帯使用に罰金
[04:01]
花粉症に効く携帯向け音楽サービス「鼻うた」
[04:01]
トコモ社長、ネットで話題の「仲村屋」の映画化に協力
[04:01]
携帯各社と総霧省、偽メール対策でアドレス変更を呼びかけ
[04:01]
リズモ入院、トコモタケのニセモノを食べて食中毒
[04:01]
ウィルゴム、アダルトコンテンツ専用端末「W-ERO3」
[04:01]
ンフトパンダが植毛事業参入、カバレッジエリアにこだわる
[04:01]
さよならツーカ、自虐的にシンプル路線を追求した「っつーかM」
[04:01]

わんせぐ放送開始、携帯各社が対応端末を披露

 4月1日、携帯機器向けの地上デジタル放送「わんせぐ」の本放送が開始された。同サービスは、地上デジタル放送用の帯域を13のセグメントに分け、その1つにさまざまな「わんせぐ」に割り当てるというもの。放送開始に伴って、携帯各社は対応端末を披露した。


ドコ毛、愛犬家にうれしいわんせぐケータイ

わんわん

わん背具を装着
 HTTドコ毛は、愛犬に取り付けるわんせぐケータイ「DG101i」を発表。同端末は、愛犬の背中に着脱可能なアンテナ「わん背具」を取り付けることで、愛犬の散歩中でもわんせぐ放送が楽しめるというもの。地上デジタル放送用の帯域を13のセグメントに分け、その1つをわんちゃん用に割り当てることで実現した。

 愛犬の背中に設置されたアンテナが放送波を受信し、手綱経由で犬のキャラクターがあしらわれた小型軽量EOMA端末に映像が表示される。このアンテナは犬の視覚情報を取り込むことも可能で、犬の目に映った映像をキャプチャーしてカメラ機能としても利用できる。

 また、番組を犬語に翻訳し、愛犬がわんせぐ放送を楽しめるようにも設定できる。ただし、飼い主が犬語を理解していない場合は、端末が絶えず「ワンワン」と鳴いている状態となるため注意が必要だ。

 なお、発表会でプレゼンテーションを行なったドコ毛のわんせぐグループ わん背具事業本部長のポチ氏は、「ワンワワン ワンワン ウ〜、ワンッ」とコメント。関係者によれば、「ん〜、ちょっと背中に異物感? でも、犬だけにワンダフルね!!」と話しているという。

 ディスプレイは2.1インチ、240×320ドット、24万色表示のTFT液晶。着うたフルに対応し、端末には童謡「犬のおまわりさん」がプリセットされる。

 散歩時の連続通話時間は約60分、連続待受時間は約100時間となり、わんせぐの視聴は散歩中に限られる。アンテナ部の大きさは20×26×17cm(アンテナ除く)で、重さは24kg(犬含む)。ボディカラーは、ラブラドールブラック、ハスキーシルバー、シバイヌゴールドの3色展開。


わんわん わんわん
激しい動きでも「わん背具」は落下しない。その仕組みは不明だが、担当者は「しつけ次第」と話す 散歩中以外は無用の長物となる「わん背具」。室内では愛犬が切ない顔をする

わんわん わんわん
手のひらサイズのEOMA端末「DG101i」 端末を開くとディスプレイや操作部が現われる

αu、椀せぐケータイ「SUIMONO」

お椀

「SUIMONO」で通話
 KDD1および沖縄ルララ〜は、αu design projectの新端末として、お椀型のわんせぐケータイ「SUIMONO」を発売。

 同端末は、お椀型の端末でお吸い物を楽しみながらわんせぐ放送が楽しめるCDMA 1X WAN端末。地上デジタル放送用の帯域を13のセグメントに分け、その1つをすまし汁用に割り当てることで実現した。

 上部のフタを開けるとタッチパネル式のディスプレイが搭載されており、下部のお椀部にさまざまなお吸い物を収納できる。このため、端末は防水加工および耐熱加工が施されている。αuでは、魚やハマグリの吸い物を推奨しており、その理由を「おいしいから」と説明。現在、食品メーカー大手の水谷園と共同で松茸味などの検討を行なっているという。

 お吸い物ユーザーをターゲットにした端末となるため、すまし汁専門チャンネルが閲覧可能で、番組を楽しみながらいつも以上に熱いお吸い物生活が送れる。また、お椀型の端末ということもあり、食事中の急な電話でも、周囲を気にすることなく、まるで吸い物をすすっているかのように通話が可能。ただし、食事終了後など、テーブルに端末を置いておくと、ほかの食器とともに下げられてしまう場合があるため、注意が必要だ。

 ディスプレイは約2.2インチ、240×320ドット、24万色表示のTFT液晶。端末には、FZ了プリ(BREUU)対応のレシピアプリ「3秒クッキング」がプリセットされる。

 食事中の連続通話時間は飲み干すまで、連続待受時間は冷めるまで。わんせぐの視聴は食事中に限られる。端末の大きさは130×100×100mmで、重さが36g(吸い物除く)。ボディカラーは、イソ(ブルー)、サンサイ(グリーン)、ウルシ(レッド)の3色展開。


お椀 お椀
「お椀のフタをとるのは、宝箱を開けるような気持ち」と、椀の中身より熱いSUIMONOユーザー わんせぐに期待を寄せているのか、椀の中身に期待しているのかは不明だが、SUIMONOユーザーは「ゴクリ」と唾を飲み込んだ

お椀 お椀
フタの内側中央部に複雑な形でタッチパネル式のディスプレイが搭載されている 端末パッケージには箸を同梱。吸い物だけでなく、ディスプレイのスタイラスとしても利用可能

ボウダホン、868GHz帯のわんせぐケータイ

端末イメージ。ベストセラーとなった「棒だホン」の技術が応用される
 3キャリアの中で、コンセプトのみの紹介となったボウダホンは、VVBCで日本代表を優勝に導いたことで話題の玉監督をモチーフにしたわんせぐ端末「OH868」の開発イメージを紹介。

 OH868は、一本足で立つことで人間の体全体をわんせぐのアンテナとし、受信感度を高めることができるわんせぐケータイ。コンセプトモデルとなるため、詳細は明らかにされていないが、地上デジタル放送用の帯域を13のセグメントに分け、その1つをホームランキング用に割り当てることで実現する予定。

 開発担当者は、コンセプトを「玉監督の現役時代のニックネームが“ワンちゃん”だったため、我々はわんせぐを一本足で実現する」と説明。一本足打法とわんせぐとの関連性は未だ不明だが、サービス開始時には、玉氏の現役通算ホームラン数である868本にあやかって、868GHz帯でサービスを行なうと意気込んでいる。



URL
  ニュースリリース
  http://k-tai.impress.co.jp/static/news/2006/04/01/

関連記事
ドコ毛、本格的なおサイフケータイを4月発売
αu、デザインにこだわったウェアラブル携帯「INFOBAA」
Jホン、長さにこだわったストレート型携帯電話発売


(湯口啓三)
2006/04/01 0:00

Ads by Coogle

・32インチ液晶テレビ携帯 dekaku.com/
デカク.comオリジナル液晶テレビ携帯 ユーザーの声に反して発表
・キャリア活かせばリッチに buy-career.jp/
祝・MNP導入 今までのキャリアを担保に50万円融資キャンペーン!!
・君のむだ毛は無駄じゃない! www.mudage-money.com/
むだ毛高価買取り中。薄毛に植毛自然な仕上がり、相談無料
・童謡の着うたはどうよ www.douyoudouyo.com/
思わず動揺するほど大きな音の童謡を着うたで 着メロも同様
・おサイプケータイ対応レジ www.felico-regi.com/
100個までFeliCoリーダーを接続できるレジ、導入までを遠隔サポート

ケッタイ うぉっちホームページ

ケッタイ うぉっち編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
この記事はすべて冗談です。記事中の団体・技術などは、実在のものとは一切関係ありません。

ケッタイ うぉっち