ケータイ Watch
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
ケータイ新製品SHOW CASE
NTTドコモ D503iS(ピュールグリーン)
2001年9月20日発売

■ 写真で見るD503iS

正面 側面 背面
閉じる・正面 閉じる・側面 閉じる・背面

ヒンジ部が上端にならない独特なデザイン。ここにアンテナが収められていると思われる 上端には半透明のカバーがつけられ、デザインにアクセントを加えている

ヒンジ部裏側のスピーカー穴周辺にはドコモマークの入ったプレートがデザインされている データ端子は下端。アンテナがないため、非常にすっきりとしている

液晶裏のパネルも、透明なプラスチックをあしらっている。iモードマークは着信時などに光るように設定可能 充電スタンドは縦置式

背面ロゴの光り方を見てもらうために、暗い場所で撮影した イルミネーションの色は7色から選べる

テンキーの上に4つの小さなボタンが並ぶのは、最近の三菱電機の携帯電話によくある配置 中央のカーソルは上下方向のみ。左右のボタンが左右カーソル代わりになっている

デジタル時計を表示させた待受画面 小さいデジタル時計を表示させた待受画面 アナログ時計の待受画面には専用画像が用意されている

各種設定を行なうメニューはリスト式。待受状態から左ボタンで呼び出す 待受状態からカーソル上下で呼び出すメニューは、三菱電機製携帯電話でお馴染みのスクロール式 スクロール式メニューには5種類のデザインが用意される。リスト式メニューにもカラーテーマあり

メニュー中やメール送受信時など「ビジュアルパートナー」が案内をしてくれる 「ビジュアルパートナー」はシチュエーションごとに表情が変わる 「ビジュアルパートナー」がアニメーションすることもある

「ビジュアルパートナー」は5種類から選べる。上段が「女の子」で下段が「男の子」 上段が「さる」で下段が「パンダ」 上段は宇宙人っぽいが「犬」。これらあらかじめ登録されているキャラクター以外にも、サイトからキャラクターをダウンロードしてくることも可能

メールの通常表示は8字×6行 メールの縮小表示は11字×8行 漢字変換システムはATOK Pocket。連文節変換に対応し、各種時事単語を収録する

メモリダイヤルで「グループ」を指定しておけば、メール受信時に自動フォルダ振分ができる そのグループに色を指定しておけば、メールフォルダを作らないでも、メールタイトルの色からどのグループからのメールかがわかる フォルダ振分は差出人アドレスに依存するので、あとでフォルダ間を移動することはできない

待受状態から上カーソルで呼び出せる「ジャンプ」メニューには、最大10個のメニュー項目を登録できる 音声コマンドには、メニュー項目だけでなくメモリダイヤルを登録して発呼できる 音声コマンドに登録できる項目の種類。実際に登録する項目はもっと細かい



■ 仕様で見るD503iS

 三菱電機製のiアプリ対応iモード端末。三菱電機は、これまで各キャリア向け主にフリップ付きの携帯電話を供給していたが、このD503iSは初の折りたたみデザインの端末となる。PDC方式としては珍しくアンテナを内蔵させている。
 デザインが変更された以外の仕様は、従来機種のD503iとほぼ同等。画面は、D503iと同じTFD液晶、132×162ドット表示だが、D503iでは1.85インチだった液晶がD503iSでは2インチになっている。この画面の解像度は、現時点で市販されている携帯電話としては最大級。
 503シリーズ共通の特徴として、iメロディなどiモードの基本機能に加え、iアプリやiナビリンクにも対応する。メモリダイヤルに登録されたグループ設定から、自動的にフォルダ振り分けする機能もある。ブックマークもフォルダ管理可能。日本語漢字変換システムとして、メールで使われるような語句に特化したジャストシステムの「ATOK Pocket」を搭載している。

【おもな仕様】
サイズ(高×幅×厚) 105×50×23mm(折りたたみ時)
重量 約105g
連続通話時間約130分
連続待受時間約450時間
充電時間約110分
液晶4096色カラーTFD液晶(132×162ドット)
表示文字数全角8文字×6行もしくは全角11文字×8行
メモリダイヤル500件
リダイヤル・発信履歴20件
データ通信速度9.6kbps(パケット通信)
ボディカラープリティピンク、ピュールグリーン、ノーブルグレー

【iアプリ】
iアプリ件数 ・ダウンロード:10件
・登録済み:なし

【インターネットメール】
サービス名iモードのEメールサービス(送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円、別途月額300円のiモード契約が必要)
受信可能文字数全角250文字まで
メール保存件数送信:最大50件
受信:最大200件
メールアドレス700件

【着信メロディ】
和音数16和音
着信音 ・登録済みパターン:5件
・登録済みメロディ:15曲
・ダウンロード・自作メロディ:30曲
登録メロディ
曲名
しずく風サウンド
クイズ風サウンド
サーカス風サウンド
夜想曲第2番
「亜麻色の髪の乙女」
未来予想図II
LA・LA・LA LOVE SONG
おもちゃの兵隊のマーチ
風になりたい
DIAMONDS
LOVE 2000
夏祭り
カノン
桜坂
WHITE LOVE
和音着メロ
ダウンロード
可能(iメロディ対応)


■ スタッフが見たD503iS

コメント
湯野  フリップタイプのD503iと折りたたみタイプのD503iS。とりあえず、見た目が大きく変わったわけで、フリップから折りたたみに変わったがために、カーソル(イージーセレクター)まわりを中心に使い勝手がだいぶ違うように感じる。D503i以前の三菱製iモード端末は、親指にひっかけてカーソルを上下させるような機構が採用されていたが、D503iSではボタン型になっていて、全く別の端末のよう。
 とはいえ、中身はほとんど同じ。というわけで、機能面での目新しさはない。ただ、上述の通りカーソルまわりの機構が変わってしまったため、三菱製端末でおなじみのスクロールメニューがかえって使いづらくなってしまったように感じるのは私だけだろうか?
白根  D503iのセカンドモデル、D503iS。中身はファーストモデルのD503iとそれほど変わらないが、外見ががらっと変わった。ずーっとストレート型のiモード端末を作りつづけていた富士通がF503iSで折りたたみ型デザインを採用したように、ずーっとフリップ型のiモード端末を作りつづけていた三菱電機も折りたたみ型デザインを採用した。これで503iSシリーズは、全機種が折りたたみ型デザインでそろったことになる。
 PDC方式の携帯電話にしては珍しく、アンテナが外部に露出していない。例のスルっと伸ばすアンテナがついていないのは違和感を感じるかも知れないが、すっきりデザインでカッコイイ。全体的にアップル製品みたいなデザインで、女性に人気が出そうだ。
 中身はD503iとほぼ同等。iアプリほかiモードの各種機能に対応している。使い勝手は悪くない。ソニー製端末同様、上下カーソル移動を中心に設計されたインターフェイスは、アイコン式メニューとは違った使いやすさがある。ジャンプメニューや音声コマンドによる機能ショートカットがあるのもポイントが高い。最近の端末では当然となりつつあるメールのフォルダ管理や、連文節変換対応も、使い込む人にはうれしい仕様だ。D503iだけの使いやすさ、というものはそれほどないかも知れないが、買って損をする、という端末ではない。
 ちなみに液晶は十分に美しい。当ページの画面写真は少々モアレが出ていて見づらいが、本物はくっきり見えるTFD液晶なので、安心して購入端末の候補に入れておこう。
工藤  アンテナ内蔵で折りたたみになったD503iS。半透明の素材をあしらったデザインと、イルミネーションは、個人的に「透けてる」「光る」というツボにはまっていてかなり良い感じ。デザインはかなりいいと思います。
 操作性などは、イージーセレクターが今までみたいに“上下くるくる”ではなくて、上ボタン、セレクタ、下ボタンと変わっています。はじめはちょっと使い勝手が違う感じだったんですが、メニューなどはほぼD503iと同じなので、わりとすぐ慣れました。わたしと同じD503iユーザーの人の場合は、D503i自体がよくできた端末だと個人的には思っているので、機能的にはあまり買い換える必要はないんじゃないかなと思います。ただ、デザイン的にここのところ新味のない折りたたみが増えている中、新しいボディデザインだと思うので、ボディデザインが重要、という人は買い換えてもいいかも。もちろん、新しくiアプリ対応端末を購入される方は、検討機種のひとつに入れてOKと思います。

■URL
・D503iSのニュースリリース(NTTドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/01/whatnew0917.html
・D503iSの製品情報(NTTドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/i/lineup/d503is/d503is.html
・関連記事:ドコモ、折りたたみ型のiアプリ端末「D503iS」「SO503iS」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/0,,6049,00.html

2001/09/20


ケータイWatchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright(C) 2000 Impress Corporation.