ケータイ Watch
インタビューバックナンバー

「SH-06A NERV」企画者インタビュー
“初号機”に込められたこだわりを聞く
[2009/06/23]



「P-08A」開発者インタビュー
“P”らしく進化させたスライドケータイ
[2009/06/23]



「P-09A」開発者インタビュー
基本機能が充実、ハイエンド志向の薄型ケータイ
[2009/06/19]



シャープにソフトバンク向け夏モデルを聞く
新規デバイス搭載で個性的なラインナップを実現
[2009/06/18]



「N-08A」「N-09A」開発者インタビュー
携帯デザインをエモーショナルに、μシリーズの進化の形
[2009/06/17]



「P-10A」開発者インタビュー
“防水Wオープン”の難しさと開発の狙い
[2009/06/12]



「K002」開発者インタビュー
10.9mmに実用性とデザイン性を備えた大人の携帯
[2009/06/03]



「T-01A」開発者インタビュー
「Snapdragon」を搭載した東芝製スマートフォンの魅力
[2009/05/27]



「N-06A」開発者インタビュー
無線LANでケータイの使い方を変えるNEC
[2009/05/22]



「832P」開発者インタビュー
デザイン・機能のバランスを追求、頼りになる薄型ケータイ
[2009/05/22]



「P-07A」開発者インタビュー
“トリニティ”になったWオープンの進化を聞く
[2009/05/22]



「S001」開発者インタビュー
ケータイらしさを取り込んだ新Cyber-shotケータイ
[2009/04/09]



「モバイルウィジェット」企画者インタビュー
オープンと待受常駐を武器にウィジェット市場を切り開く
[2009/04/01]



「WX340K」「BAUM」開発者インタビュー
PHSシングルユーザーを満足させる2モデル
[2009/03/17]



「930P」開発者インタビュー
ゲームやネットとの親和性を追求したWオープンケータイ
[2009/03/11]



「P001」開発者インタビュー
パナソニック初のKCP+ケータイ、開発背景や新液晶の特徴を聞く
[2009/03/05]



「NSシリーズ」開発者インタビュー
auが未来に継承したいと考える新しいチャレンジ
[2009/03/03]



「K001」開発者インタビュー
子供が持ちたくなるようなケータイを目指す
[2009/03/02]



「830N」開発者インタビュー
若者の直感に訴えかけるNEC的スライド端末
[2009/02/27]



「SH001」開発者インタビュー
8メガCCDを搭載したスタイリッシュな高感度カメラケータイ
[2009/02/23]



「930CA」開発者インタビュー
すぐに撮れることにこだわった高速起動とスライドデザイン
[2009/02/19]



「Walkman Phone, Premier3」開発者インタビュー
“ケータイで音楽”をさらに広げる普遍的なWalkman Phone
[2009/02/18]



「831SH」「932SH」開発者インタビュー
ダブルワンセグのAQUOSケータイとワンランク上のスタンダードモデル
[2009/02/16]



「CA001」開発者インタビュー
タッチパネルを搭載したカシオのスタンダード端末
[2009/02/12]



「H001」開発者インタビュー
3D液晶搭載の4代目Woooケータイの狙い
[2009/02/06]



「F-01A」「F-03A」開発者インタビュー
「ヒトに合わせる」を考えチャレンジを続けるFシリーズ
[2009/02/06]



「SH-04A」開発者インタビュー
タッチとフルキーで携帯の新しい流れを提案
[2009/02/05]



「P-04A/P-05A」開発者インタビュー
薄さ9.8mmにこだわりながらGSMに対応
[2009/02/03]



「N-04A」開発者インタビュー
amadanaとのコラボで生まれたNEC初のスライド端末
[2009/01/28]



「P-02A」開発者インタビュー
“D”の遺伝子を受け継ぐ「継承と進化」のスライドケータイ
[2009/01/27]



ケータイユーザーの“本音”
教師側から見たケータイ文化
[2009/04/17]



ケータイユーザーの“本音”
女子高生に聞いた10代後半のケータイ事情
[2009/03/04]



気になる携帯関連イベント
“ケータイソムリエ”を養成する「モバイル実務検定」
[2009/01/22]



キーパーソンインタビュー
Huawei担当者が語るデータ通信端末戦略
[2009/04/23]



キーパーソンインタビュー
UQ WiMAXに聞く、WiMAXがもたらすインパクト
[2009/02/26]



キーパーソンインタビュー
マイクロソフト越川氏に「Windows Phone」戦略を聞く
[2009/02/25]



キーパーソンインタビュー
オープンOSとフルタッチの台頭――ドコモ辻村氏が語る今後のケータイ
[2009/02/19]



キーパーソンインタビュー
イー・モバイル 阿部副社長が語る2009年の目標
[2009/01/13]



気になる携帯関連技術
技術とコンテンツの融合を目指すプライムワークス
[2009/02/13]



気になる携帯関連技術
UIに新たな可能性をもたらす音声認識
[2009/01/16]



【キーパーソン・インタビュー】
請負から提案へ、東芝の目指すモバイルインターネットの世界
[2009/06/09]



【キーパーソン・インタビュー】
KDDI高橋誠氏に聞く、夏モデルから始まるauの反転攻勢
[2009/05/27]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年
「モバイルプロジェクト・アワード2008」受賞者に聞く
ケータイ動画市場を開拓した「jigムービー」

 パケット定額制の普及や、高速通信の一般化、端末の高機能化といった、ケータイのトレンドを背景に、動画コンテンツ市場が急速に拡大している。ドコモが906iシリーズを「オールラウンド動画ケータイ」と銘打ったように、一部のキャリアも、この分野に積極的だ。

 現在、ケータイの動画コンテンツは、大きく2つの形式に分かれる。1つが、iモーションやEZムービーのように、3GPPや3GPP2で定められた規格に準じたものだが、こちらはダウンロード型が中心でファイルサイズの制限も厳しい。もう1つが、Javaのアプリを使ったもの。こちらは、ストリーミング用に設計されており、長時間の動画再生に向いている。

 後者のプレイヤー型ソリューションで絶大なシェアを誇るのが、「jigブラウザ」などでおなじみのjig.jpが開発した「jigムービー」だ。「jigムービー」はどのように誕生したのか? また、なぜここまでシェアが大きくなったのか? こうした疑問を、jig.jpにぶつけた。


定額制の限界に挑戦する遊び心から生まれた

福野泰介氏

jig.jp 代表取締役社長 CEO 福野泰介氏
 jig.jp、jigムービー事業部、マネージャーの佐藤良典氏が「ドコモ内では45〜46%ぐらいのシェアがある」と語るように、「jigムービー」は、動画配信プラットフォームのデファクトスタンダードになりつつある存在だ。今でこそ絶大なシェアを誇る「jigムービー」だが、開発のきっかけは、“技術者の遊び心”だった。jig.jp、代表取締役社長 CEOの福野泰介氏は、次のように話す。

「各社のパケット定額制が始まったころ、『どこまで定額なんだろう』という素朴な疑問があった(笑)。それを確かめるために、パケットを浪費するアプリを作ることにした。とはいえ、単にデータを流すだけでは本当の無駄になってしまう。そこで、音声をストリーミング再生できる『jigラジオ』を開発した。これが今の『jigムービー』の元になっている」


佐藤良典氏

jig.jp jigムービー事業部 マネージャー 佐藤良典氏
 同社では当時、「金曜プロジェクト」という開発者が自由に好きなものを作れる時間を設けており、「jigラジオ」もその時間に生まれた。同社では、このアプリを発展させ、動画を見る仕組みとして、「jigチャンネル」をスタート。「コンテンツを預って、持ち出して提供していた」(佐藤氏)というが、残念ながら大ブレイクには至らなかった。しかし、チャレンジを続けていくうちに「コンテンツを持った会社から声をかけられた」(福野氏)という。結果、jig.jp自身が直接コンテンツをユーザーに届けるという当初のビジネスモデルを転換し、プラットフォームとして、他のコンテンツホルダーに「jigムービー」を提供していくことになった。

 佐藤氏は、「元々BtoCに特化した会社なので、コンテンツを他から持ってくるということが、あまり得意ではない。ベンチャーなので、集中できるところに集中し、一緒に進めていった方がいい」と、今のビジネスモデルのメリットを語る。


市場の拡大に注力し、高いシェアを獲得

シンプルなUIの「jigムービープレイヤー」

シンプルなUIの「jigムービープレイヤー」
 とはいえ、jigムービーを開始した2005年は、HSDPAなどの導入前で、高速通信対応端末も商用化されていない。そもそも、ユーザーの間に「ケータイで動画を観られる」という認識もなく、必然的に、jig.jpが市場を広げる役割を担わなければならなかった。

 佐藤氏は「見せたいと思う人もいなければ、見たいと思う人もいない。市場もなく、意識の追いつきには時間がかかった。動画を流せば流すほどお金が出て行く状況を改善し、もうからない理由を解消していった」と当時を振り返る。

 コンテンツホルダーがコストを削減できるよう、データ量の圧縮率を上げたり、ストレージの部分に見直しをかけたりと、様々な改善を行った。「15に分けていた端末のカテゴリーを5つぐらいに共通化し、動画作成の手間やデータの量を減らした」(佐藤氏)という変更も、コンテンツホルダーを参入しやすくする環境作りの一環だ。また、「jigムービーエンコーダー」は機能がシンプルで、「ドラッグ&ドロップですぐに作れるのが最低条件」(佐藤氏)と、複雑な操作は一切不要。気軽にケータイ動画ビジネスへ参入できるような配慮がある。


直感的に操作可能な「jigムービーエンコーダー」

直感的に操作可能な「jigムービーエンコーダー」
 “安さ”も「jigムービーエンコーダー」の特徴だ。価格は税抜きで19万8000円。動画ソリューションとしては、破格な部類に入る。福野氏は「『まぁ、これくらいだったら売れるだろう』と考えた」のが理由だというが、「20万を切っていれば、部署レベルで決裁できる会社もあるので、導入しやすくなる」(佐藤氏)という、予算的な背景も考えたうえでのことだ。このソフトで作成した動画を再生する、ケータイ向けの「jigムービープレイヤー」は無料のため、ユーザーも気軽にダウンロードできる。ちょうど、AdobeのAcrobatが有料で、作成したPDFを閲覧するためのAdobe Readerが無料という関係に近い。

 結果、「ある有名サイトの導入や、ソフトバンクの『S!番組プレイヤー』に使われたことで、流れが変わった」と佐藤氏が話すように、その後、jigムービーを採用するコンテンツプロバイダーは急増。メジャーな動画配信サイトから、jig.jpが開発センターを置く鯖江市のサイトまで、jigムービーを利用するところは多い。


横画面再生にも対応し、さらに進化するjigムービー

横ワイド画面での再生

横ワイド画面での再生に対応し、動画の迫力が増した
 もちろん、動画を視聴するユーザーのことも真剣に考え、プレイヤーにも工夫を凝らしている。「どれだけプレイヤーを意識しないで使えるか」(佐藤氏)を考え抜き、次のような操作方法を考案した。

 佐藤氏は、「音量は上下、時間軸は左右のボタンを割り当てた。ストップ、再生は同じ決定キーを押すだけ。この操作だけできれば、あとは動画に集中できる」と語る。UIがこなれているためか「プレイヤーに関しては、リリース当初からほとんど変わっていない」(佐藤氏)そうだ。

 さらに、「jigムービーだとキレイに見えるという評価をいただいている」(佐藤氏)というように、画質への評価も高い。だが、「240×180ドットで、十数フレーム」(佐藤氏)というスペックだけで判断すると、決して高画質とはいえない。一方で、8KHzから始まった音質は、すぐに16KHzにバージョンアップ。今では32KHzになったという。

「パケットを次々とダウンロードして、音をつなげていくのは難しいが、画質より音質を重視した。人間は見た内容を脳内で補完するが、音は時間軸で動くので、途切れると違和感が生じる」(佐藤氏)

 今年の8月には、横画面での再生にも対応。端末の形状とリンクして、画面の縦横が切り替わるようになった。「エンタDX ドーガ堂」がいち早く対応し、横対応のコンテンツを配信している。

 「jigブラウザ」などのコンシューマー向けアプリとは異なり、「BtoBのビジネスモデルだと、他社と一緒に落としどころを探っていく必要がある」(福野氏)としながらも、近い将来「横画面がスタンダードな機種のものは、より高画質にすることも検討している」(佐藤氏)と、まだまだ進化は止まらない。CGM型のサービスや、世界展開、ケータイ以外のデバイスへの拡大なども、徐々に考えていくという。

 Javaの通信に大幅な制限があるauに非対応だったり、ドコモだとサイトごとに複数のアプリをダウンロードしなければいけなかったりと、解決すべき課題も残る。無論、キャリアの方針が関係するため、簡単にはクリアできないが、動画配信プラットフォームとして、ぜひこれらの壁を乗り越えてほしい。



URL
  jigムービー
  http://movie.jig.jp/

関連記事
モバイルプロジェクト・アワード 2008の受賞プロジェクト発表
モバイルプロジェクト・アワード2008表彰式
ラジオを聴きながらjigブラウザが使える「D903i」向けツール


(石野純也)
2008/09/11 11:17

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.