ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

「パケ・ホーダイ ダブル」でPC接続も定額に、帯域制限は強化

 NTTドコモは、iモード端末向けのパケット通信料定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」を4月1日に改定し、携帯電話をパソコンに接続して、モデム代わりとしてデータ通信した場合も定額対象にする。あわせて同社では、全てのパケット通信定額サービスで、ヘビーユーザーの帯域制限を実施する。


PC接続時は上限1万3650円、アプリ利用制限はなし

 「パケ・ホーダイ ダブル」は、通信量に応じて、利用料の上限額が変動する、段階制のパケット通信定額サービス。iモード利用時では月額1029円〜4410円、フルブラウザ利用時で上限5985円で、パソコンなどを接続して行う、iモード以外のデータ通信は上限額なしという料金体系だった。

 4月1日の改定後は、パソコンなどを接続した場合でも上限が月額1万3650円に留まることになり、同社では「安心してデータ通信を行える」としている。なお、1パケットあたりの単価は、従来と変わらず、5985円までは1パケット0.084円、5985円以上は1パケット0.021円となる。

 改定対象は「パケ・ホーダイ ダブル」のみで、「パケ・ホーダイ」「パケ・ホーダイ フル」「Biz・ホーダイ」などは対象外となる。

 「定額データプラン」ではVoIPなど特定アプリケーションの利用が制限されているが、改定後の「パケ・ホーダイ ダブル」では、制限なしで各種アプリケーション・Webサービスが利用できる。


改定後の料金推移
改定後の料金推移

 あわせてパケット通信料割引サービス「パケットパック60」「パケットパック90」は3月31日で新規受付を終了する。同社では「iモード利用中心で、データ通信も使う場合の割引サービスがパケ・ホーダイ ダブルのみとなり、ユーザーにとってはわかりやすくシンプルな料金体系になる」としている。

 「パケ・ホーダイ ダブル」改定後の料金体系は、auの「ダブル定額ライト」とほぼ同じ形になる。ドコモではPC接続時の上限額が1万3650円になることについて、「パケ・ホーダイ ダブルのiモード利用時の上限額(4410円)と、パソコン向け定額プランの定額データプランのバリュープラン(9765円)を合算した時の額を基準に検討したが、他社との競争上、1万3650円になった」と説明している。

 なお、デュアルネットワークサービスのムーバ(mova)端末でのパケット通信や国際ローミングの海外滞在時の通信は、定額の対象外となる。

 なお、NTTドコモによれば、2008年12月末時点でのパケ・ホーダイ/パケ・ホーダイ フル/パケ・ホーダイ ダブルの契約数は1575万件。このうち、パケ・ホーダイ ダブル契約数は220万件となっている。


“特に利用の多い、ごく一部のユーザー”は制御対象に

 ドコモでは、2004年の「パケ・ホーダイ」導入当初より、ネットワークの混雑状況にあわせて帯域制限してきたが、今回、「パケ・ホーダイ ダブルの改定とは直接的な関わりはない」(ドコモ広報)ものの、全てのパケット通信定額サービスにおいてネットワーク制御の方針も変更されることになった。

 従来通り、繁華街など通信が混雑する場所・時間帯での制御に加えて、“通信量が多いごく一部のユーザー”についても通信速度を抑えるという制御が行われる。同様の施策は、auでも夜間帯におけるEZwebの通信を対象に行われているが、auは「月間通信量が300万パケットを越える場合」と基準を明示している。

 一方、ドコモでは今回のネットワーク制御方針の改定後、制御対象基準は公開しない。同社では「混雑する場所、時間帯に加え、過去数日間という直近の利用実績を参考にネットワーク制御を行う。基準は明示しないが、利用状況を見ながら柔軟に対応していく」としている。

 対象となるユーザーの端末だけに絞って制御する、という形になる見込みとのことで、制御方針を変更する理由については「ネットワーク利用の公平性という観点から、ごく一部のユーザーが占有しているのは問題があると判断した」と説明している。

 対象は、パケ・ホーダイ、パケ・ホーダイ フル、パケ・ホーダイ ダブル、Biz・ホーダイ、Biz・ホーダイ ダブル、定額データプランとなる。iモード端末やスマートフォン、パソコンと、対象端末はバラバラだが全ての端末の通信状況をチェックして、制御するという。



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090127_00.html
  ドコモからのお知らせ(パケットパック60/90新規受付終了について)
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/090127_00_m.html
  ドコモからのお知らせ(パケ・ホーダイ ダブル改定と通信制御方針の変更について)
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/090127_01_m.html

関連記事
ドコモ、段階制のパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」
au、パソコンでのネット接続料の上限を1万3650円に


(関口 聖)
2009/01/27 16:04


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.