ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ソフトバンク、月額490円からのパケット定額サービス

 ソフトバンクモバイルは、NTTドコモが「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の下限額を改定し、5月1日から月額490円〜のサービスにすると発表したことに対抗し、7月をめどに、月額490円から利用できるパケット通信料定額サービス「パケットし放題2(仮称)」を提供すると発表した。

 「パケットし放題2(仮称)」は、「パケットし放題」の下限額を1029円から490円に変更し、月額490円〜4410円となる定額プラン。基本的には5月1日よりに提供されるドコモの「パケ・ホーダイ ダブル」と同じ内容。新規に追加されるプランとなるため、既存の「パケットし放題」は今後も同じ内容で提供される。「パケットし放題2(仮称)」は、「パケットし放題」と同じくホワイトプラン、ゴールドプラン、オレンジプラン、ブループランで利用できる。

 なお、「パケットし放題2(仮称)」に加入すると、ホワイトプランなどで提供されている「メールし放題」が無くなり、MMSはソフトバンク同士であっても有料化され定額制のパケット通信の対象になる。

 パケット通信ではないものの、「メールし放題」として無料となっていたSMSについても、「パケットし放題2(仮称)」に加入すると送信・読出し料が有料化され、1通3.15円となる。

 「パケットし放題2(仮称)」の提供にあわせ、「ホワイト家族24」「ホワイト法人24」に加入している同一グループ内のメールは、一部のシャープ製端末でサポートしている大容量ファイル添付機能を含めて無料となる。



URL
  ニュースリリース
  http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20090428_01/

関連記事
ドコモ、パケット定額490円〜やHSUPAなど満足度向上施策
ソフトバンク、「パケット定額フル」下限額を値下げ
ソフトバンク、法人向けに24時間無料通話「ホワイト法人24」


(太田 亮三)
2009/04/28 21:48


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.