ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
P252iS(ブルブルべりー)
2004年4月16日発売

写真で見るP252iS



キー配列
操作しやすいように各ボタンには「立体造形キー」が採用されている

ヒンジ部周辺。取っ手のような形状のアンテナを装備 ヒンジ部左サイドにワンプッシュオープンボタンを装備

約1.1インチの背面ディスプレイ
本体右サイド

本体左サイド。miniSDカードスロットはこちら
外部接続コネクタ

通話やメールの着信時に光るLED LEDの点滅は8パターン用意される。メール文中の絵文字に反応する「キラリメール」機能も用意されている

P252iSのカラーは、ドコモ初の5色展開。
左上:ぷるぷる杏仁、右上:プチプチとまと
中央:ブルブルべりー
左下:ぴちぴちピーチ、右下:しゅわしゅわラムネ

待受画面
メインメニュー
メニュー第1階層

メニュー第2階層
ユーザーの好みのメニューを登録できる「プライベートメニュー」

「アクセサリー」メニュー ボイスレコーダー機能も用意されている ゲームは「BombLink」

アクセサリーの「アミューズメント」から利用できる「ヴァニラルーム2+」 「ヴァニラルーム2+」の設定画面 利用し始めると、待受画面やメール閲覧中に各キャラクターが現われる

メール閲覧画面。これは8字×7行表示(標準表示) これは11字×9行表示(縮小表示)

例文表示
メール作成画面。予測変換機能や学習機能を備える

背面ヒンジ部近くに30万画素CMOSカメラを搭載 背面液晶で自分撮りも可能。フレーム撮影時には、フレームも背面液晶に表示される

撮影画面
撮影中のサブメニュー

サンプル画像。これは背面液晶用サイズ これはiショットSサイズ これは待受画面サイズ。なお、撮影日は曇天だった

これはiショットLサイズのサンプル画像 これはVGAサイズ。リンク先は無加工

VGAサイズのサンプル画像。リンク先は無加工 これもVGAサイズのサンプル画像だが、「くっきりモード」をONにして、フォトライトを使用している。リンク先は無加工

フレーム撮影のサンプル。リンク先の画像は、iショットLサイズ

仕様で見るP252iS

 NTTドコモ端末としては、初めて5色というカラーバリエーションで展開するパナソニックモバイルコミュニケーションズ製iショット端末。その名称もブルブルべりーやぴちぴちピーチなどユニークなものとなっている。

 30万画素CMOSカメラを搭載しており、背面のデザインはFOMA端末のP900iを思い起こさせるものに仕上げられた。先代モデルの「P252i」と比べて、デザインやコンパクトなボディサイズなど、その印象は大きく異なる。小型化されたボディでも使いやすいように「立体造形キー」が採用されている。

 連続待受時間や通話時間は「P252i」よりも短くなったが、メール保存件数は倍増している。日本語入力補助機能としてモバイルWnn V2を搭載。また、ヒンジ側面にワンプッシュオープンボタンが用意されている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
87×46×26mm(高×幅×厚)
重量 約95g
連続通話時間 約125分
連続待受時間 約400時間
充電時間 約100分
ディスプレイ メイン:65,536色表示、約1.9インチ、132×176ドット、TFT液晶
サブ:65,536色表示、約1.1インチ、96×64ドット、TFT液晶
表示文字数 11字×9行、8字×7行
メモリダイヤル 800件(1件につき、3番号・3アドレスまで登録可)
データ通信速度 下り最大28.8kbps
ボディカラー ぴちぴちピーチ、ぷるぷる杏仁、しゅわしゅわラムネ、プチプチとまと、ブルブルべりー

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
(分割受信機能により最大2,000文字の分割受信も可能)
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:最大400件
送信:最大100件

【着信メロディ】
和音数 48和音
着信音 ・パターン:8種類
・登録済みメロディ:8曲
・ダウンロードメロディ:最大180件
登録メロディ曲名 スターゲイザー
I’M IN THE MOOD FOR DANCING
恋とマシンガン
SUNNY SUNDAY
弦楽セレナーデ
ツァラトゥストラはかく語りき
静かな湖畔
TA HU WA HU WAI
和音着メロダウンロード 対応

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 iショットS(120×120)、iショットL(288×352)、待受(132×176)、サブ待受(96×64)、VGA(480×640)
撮影可能画質 ノーマル、ファイン、スーパーファイン
撮影可能容量 約975枚(iショットS、ノーマル)〜約60枚(VGA、ノーマル)

スタッフが見たP252iS

コメント
湯野  折りたたんで正面から見たときのサイズには結構驚かされる。そのぶんやや厚みがあるわけだが、こうしたコンパクト路線というのは本来パナソニックが得意とするところで、なんだか懐かしくもある。韓国や中国ではこれくらいのサイズの端末が販売されており、これまで日本市場にこうした端末が存在しなかったのが不思議なくらいだ。ただ、ストラップ穴を覆うようにアンテナが配置されているため、ストラップが取り付けにくいのが少々残念なところ。
 機能面ではそれほど目を見張る部分はないが、30万画素クラスのカメラやminiSDカードスロットを装備しており、通話やメールが主な用途であるなら、特に不満を感じることはないだろう。ボイスレコーダー機能もしっかり作られており、予想以上に使える。
 メールについては、メール中に含まれる絵文字の内容により、いろんな光り方で知らせてくれる「キラリメール」という機能が搭載されている。ハートマークの絵文字が入っているときには紫色にゆっくり点滅するとか、面白いは面白いのだが、どれがどれに対応するのか未だに覚えられなかったりする。うまい覚え方はないものだろうか。
関口  その外見、そして5色展開、カラー名称が強いインパクトを与えるP252iS。外見は様変わりしたものの、「P252iS」のソフトウェア、そしてインターフェイスは先代モデルの「P252i」と同等という印象だ。実際に使ってみて感じたのは「なんてメールしやすいんだろう」という点なのだが、それは「P252iS」だからと言うよりも「パナソニックだからこそ」と言えるかもしれない。
 30万画素CMOSカメラは、個人的に好みの発色になっているのだが、さすがにメガピクセルカメラ端末には及ばず、デジタルカメラ代わりに使おうという人にとってはやや力不足に思えるだろう。
 全体的によくまとまった端末。ユニークなカラー名称、そしてこぢんまりとして愛らしい印象を与えるデザインだが、スクウェアなシルエットは男性が持っていても違和感を与えない。iアプリ非対応のシンプルなiモード端末としても最新モデルなので、「カメラはおまけ程度に欲しいけれど、メールはよく使う」なんてユーザーにはうってつけの端末だろう。



URL
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products/keitai/252i/p252is/p252is.html
  製品情報(パナソニックモバイルコミュニケーションズ)
  http://panasonic.jp/mobile/p252is/

関連記事
ドコモ、5色展開のiショット端末「P252iS」を16日発売



2004/04/21 13:29

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.