ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
N506i(アイリスブルー)
2004年6月26日発売

写真で見るN506i



ボタン配置 バッテリーの横にカメラが搭載されている

側面部にシャトルキーを装備 反対側の側面にマクロ切替スイッチ

ヒンジ付近にminiSDスロット マクロスイッチの横に平形イヤホン端子

外部接続端子と赤外線通信機能 アンテナの反対側の角にストラップホールが配されている

リバーススタイル リバーススタイルでは側面部の操作で、iモードなども利用できる

左から、カモミールホワイト、
ルピナスピンク、アイリスブルー
ヒンジ部を回転させてリバーススタイルに

待受画面 メニュー画面

メニュー画面第2階層 第3階層はテキスト表示

例文表示 入力機能「T9」がパワーアップし、予測候補表示や漢字候補表示に対応した ハンズフリーによるメール読み上げ機能が追加された

6字×7行表示 8字×9行表示 10字×11行表示

アクセスリーダー機能

12字×12行表示 15字×15行表示 20字×19行表示

撮影画面 撮影シーンを設定してデジタルカメラライクな使い方も可能になっている

動画撮影画面 静止画および動画はタテ撮りも可能

QVGAサイズの撮影サンプル。リンク先の画像は無加工 VGAサイズの撮影サンプル。リンク先の画像は無加工

接写の撮影サンプル。リンク先の画像は無加工 SXGAサイズの撮影サンプル。
リンク先の画像は無加工

仕様で見るN506i

 リバーススタイルを採用したNEC製のiモード端末「N506i」。従来の「折りたたみのN」のデザインを踏襲しつつ、新たな端末スタイルに挑んだ製品だ。端末を閉じたままでiモードなどが利用可能で、端末の側面部には「シャトルキー」を装備する。

 カメラはバッテリー付近に搭載され、有効画素数130万画素のCCDカメラでSXGAサイズの静止画撮影が可能。動画撮影にも対応し、オプションの平型AVケーブルでテレビ出力して楽しむこともできる。また、リバーススタイルで横撮り撮影にも対応する。

 また、N506iよりアクセスリーダー機能が日本語に対応。文字入力機能「T9」も漢字候補表示をサポートし「T9ダイレクト」となった。メール読み上げ機能も利用可能で、音声で読み上げ機能を呼び出すこともできる。

 ディスプレイは、QVGAサイズより大きい345×240ドット、2.4インチ、26万2,144色表示のTFT液晶を装備。方向キー付近にサラウンド機能対応のスピーカーを搭載する。

 連続待受時間は420時間で、連続通話時間が150分。大きさは104×49×24mm(高×幅×厚)で、重さが126g。ボディカラーは、ルピナスピンク、アイリスブルー、カモミールホワイトの3色。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
約104×49×24mm
重量 約126g
連続通話時間 約150分
連続待受時間 約420時間
充電時間 約145分
ディスプレイ メインディスプレイ:2.4インチ、240×345ドット(QVGA+)、262,144色表示TFTカラー液晶
表示文字数 20字×19字、15字×14行、12字×12行、10字×10行、8字×8行
メモリダイヤル 700件(電話番号4件・メールアドレス3件)
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 最大28.8kbps(iモード時)
ボディカラー ルピナスピンク、アイリスブルー、カモミールホワイト

【iアプリ】
iアプリ件数 20〜200件
登録済みiアプリ シャベレベル DisneyIII、T9 TYPING MICKEY、TVリモコン、ケータイトランプ4 in 1、Dimo i絵文字メール

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:1,000件
送信:300件

【着信メロディ】
和音数 64和音
登録メロディ曲名 ルパン三世’79
白鳥の湖
トッカータとフーガ
ホアット・ア・フール・ビリーヴス
スカボローフェアー
越天楽
アイーダ
カノン
くるみ割り人形
Mickey Mouse March
登録効果音 黒電話、ハト時計、Mickey Mouse、You’ve got mail、ヒーリング、Chinese Music、キラキラ、西部劇、Funky!、サンバ
和音着メロダウンロード 対応

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 iショットS(144×144)、iショットL(288×352)、待受(240×320)、VGA(640×480)、SXGA(1,280×960)
撮影可能容量 最大約1,000枚

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4
撮影可能画質 SubQCIF(128×96)、QCIF(176×144)、QVGA(240×320)

■ スタッフが見たN506i

コメント
湯野  ドコモのN、中でもN50Xiシリーズというと、国内で最も売れる携帯電話だ。既存ユーザーが多いだけに、簡単に形状やメニューを変えられないというトップメーカーならではの悩みもある。そういう意味では、今回のN506iはずいぶんと思い切った形状の変更が見られる。
 まず目に止まるのは「リバーススタイル」と呼ばれる回転2軸機構だろう。液晶部分を回転させることにより、カメラとしての使い勝手を向上させている。N50Xiシリーズとしては初めてアンテナの位置がヒンジ部に移され、「ドコモのN」独特のあのシルエットではなくなった。Nシリーズのユーザーからすれば、アンテナ部を引っかけて端末を開くことができなくなってしまったのは少々残念なところかもしれない。しかし、ボタンのレイアウトなどは従来通りなので、ドコモのNを使い続けている人は特に違和感を感じることもないだろう。普通の折りたたみスタイルを従来通りの形で残し、回転させることでプラスαの利便性を追求するというスタンスは、実にNシリーズらしい。
 機能面では、OCR機能「アクセスリーダー」が大きく進化。「N504iS」ではじめて搭載された頃は、英数字しか読めず、「だったらテンキーで打ったほうが早い」という話もあったが、N506iでは漢字もかなりの精度で読み取ってくれる。しかも、英和・和英・国語の3種類の辞書を内蔵することで、読み取って辞書検索するといった使い方が可能になった。普段持ち歩く携帯電話だけに、ふと思い立ったときに使えるところが便利だ。
 従来のNのよさを継承しながら、受信したメールを音声で読み上げてくれる機能など、今回のNは携帯の新たな使い方を提案しているように見える。
津田  従来のNシリーズが持っていたシンプルでスタンダードなイメージから、今回の「N506i」ではリバーススタイルという新たなスタイルに挑戦している。端末全体のイメージはシンプルにまとめられており、従来のスタイルを踏襲しようとするNECの姿勢が伺える。リバーススタイルでは、大型のディスプレイを利用した横撮り撮影のホールド感も良好、iモードなど多くの作業をシャトルキーで行なえるのもうれしいところだ。
 ただし、私にはバッテリー側中央付近に配されたカメラ位置が馴染めなかった。短期間触っただけのインプレッションということもあるが、特に接写撮影を行なう際にカメラの位置がなかなか把握できず困ってしまった。従来のカメラ付き携帯電話のレンズ位置とも違うし、底面部のフラットな位置にカメラがあるため、デジカメのように直感的にカメラ位置を把握するのも難しかった。こうした点も慣れてしまえば問題ないのだろうが、使いやすくオーソドックスなスタイルを得意とするNシリーズだけに惜しい気がする。ちなみに、通常撮影においてはその限りではないのであしからず。
 使い勝手の面で飛躍的に便利になったと感じたのは「T9ダイレクト」だ。漢字変換がスムーズに行なえるようになったため、これまでT9を利用していなかったユーザーも是非試してみて欲しい。この入力方法に慣れてしまうと、テキスト入力がかなり早くなることだろう。メールの読み上げ機能は、コンピュータの音声らしい機械的な部分もあるが聞き取りやすい印象。個人的には、何かもうひと工夫あると、読み上げ機能の利便性をもっと感じられるように思う。
 “折りたたみのN”として定着しているNECの新たな端末スタイルは、全体的にはうまくまとめられている印象だ。FOMAのNシリーズとは異なり、ボタン配置がPDC方式のNシリーズを踏襲しているので従来の操作感を維持したい人や、FOMAは次の世代まで待ちたいという人にはおすすめだ。



URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0624b.html
  ニュースリリース(NEC)
  http://www.nec.co.jp/press/ja/0406/2403.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://506i.nttdocomo.co.jp/n506i/
  製品情報(NEC)
  http://www.n-keitai.com/n506i/

関連記事
ドコモ、リバーススタイル採用のNEC製端末「N506i」を26日発売
130万画素カメラを搭載し、リバーススタイルを採用した「N506i」



2004/07/14 13:04

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.