ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
Music PORTER(RED)
2004年12月10日発売



ボタン配置。クリアボタンがカーソルの左側に位置しているなど、通常のケータイより横長に配置されている 液晶側の側面にプレーヤーコントロール用のボタン。閉じた状態でも機能する

左側面にはイヤホンマイク端子とUSB端子(mini-B型) 右側面にメモリースティックスロットとデータ・充電端子

付属するリモコン付きイヤホンマイクのリモコン部分。上部にイヤホン端子があり、市販のステレオイヤホンに交換できる リモコン部分の背面にはクリップがついている

メインメニューはアイコンランチャー式 メインメニューの第2階層以降はリスト式の表示 カスタマイズ可能なジャンプメニュー。2画面あり、どちらかを待受時の呼び出しに指定できる

11字×5行表示 13.5字×7行表示 18字×9行表示

頭出し型の予測変換に対応する最新のATOKを搭載 次単語を推測する機能も搭載。人名のあとに敬称や、有名人ならフルネームも推測してくれる

ミュージックプレーヤーの再生画面。ビジュアル表示モード プレーヤー画面の詳細表示モード プレーヤー画面の一覧表示モード

ミュージックプレーヤーを起動させたまま待受画面に戻れる。その場合、左端にプレーヤーのコンソールが表示される プレーヤー起動中は一部の機能が使えなくなり、メニュー中で半透明に表示される。画面下に音符のマークも表示される プレーヤーで楽曲を再生させながらiモードも可能

カメラ撮影時画面。表示は横長で、横長画像が撮影できる カーソルの上下で設定項目を選択、左右で設定項目のパラメータを変える サムネイルは12件表示が可能

640×480ドットでの撮影サンプル画像。リンク先は無加工画像

付属するWindows用ソフト「BeatJam」

仕様で見るMusic PORTER

 三菱電機製のmova端末。通称「Music PORTER」で型番はD253iWM。カメラと音楽再生機能を搭載している。

 メモリースティック Duoに対応し、ポータブルミュージックプレーヤー機能とFMラジオ搭載する。音楽やラジオ放送を聴きながらメールやiモードが可能。ステレオイヤホンマイク兼用のリモコン(イヤホンは付け替え可能)や、CDから楽曲を本体内のメモリースティック Duoに取り込むためのUSBケーブルが同梱される。同梱のケーブルでパソコンと本体を接続することでメモリースティック Duoのリーダ・ライターとしても機能する。本体側にはmini-BタイプのUSB端子が搭載されている。

 通常のケータイより縦に短く横に長いデザインで、折りたたむと正方形に近い形状になる。ディスプレイも横長で、横220×縦176ドット。カメラは31万画素のCCDを搭載し、最大で640×480ドットの画像を撮影できる。

 日本語入力システムには次単語も予測するAI推測変換に対応したATOK+APOTを搭載。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
76×59×25mm
重量 約100g
連続通話時間 約120分
連続待受時間 約400時間
充電時間 約110分
ディスプレイ 26万色表示1.8型TFTカラー液晶
220×176ドット
表示文字数 11字×5行、13.5字×7行、18字×9行
メモリダイヤル 1000件
データ通信速度 下り最大28.8kbps
ボディカラー RED、WHITE、BLACK

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
(分割受信機能により最大2000文字の分割受信も可能)
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:最大1000件
送信:最大200件

【着信メロディ】
和音数 32和音
着信音 ・パターン:11種類
・登録済みメロディ:6曲
・ダウンロードメロディ:最大500件
登録メロディ曲名 ツァラトゥストラはかく語りき
四季〜冬〜
水夫のホーンパイプ
SUMMERTIME
TRUTH RESONANCE-T MIX
PRIVATE EYES
和音着メロダウンロード 対応

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 iショットS(120×120)、iショットL(352×288)、待受(220×176)、QVGA(320×240)、VGA(640×480)
撮影可能容量 内蔵メモリに最大1500枚。メモリースティック Duoにも保存可能


スタッフが見たMusic PORTER

コメント
湯野  SO502iWM以来、本当に久々となるドコモの音楽ケータイ。今回のMusic PORTERではFMラジオもサポートされた。
 この冬のドコモのPDC端末はデザインを一つのウリにしているが、このMusic PORTERもかなり変わっている。写真ではなかなか分からないが、実際に手に取ってみると意外に大きい。外観的にもそうなのだが、ちょうどゲームボーイアドバンスSPを一回り小さくしたような感じだ。
 面白いのは、ディスプレイを横向きに使っているところ。これはメールを読みながら、あるいはiモードサイトにアクセスしながら音楽プレーヤーやFMラジオの機能を使う際に威力を発揮する。画面の左側にプレーヤーやチューナーの状態を表示してくれるのだ。ただ、プレーヤーやラジオを利用している時は、本当に一部の機能しか利用できなくなってしまうのは残念。
 正直なところ、形状もそうだが、カーソルキーの左右のボタンがお世辞にも操作しやすいとは言えず、なかなか手に馴染んでくれない。それもあってか、本来の携帯電話としての操作性があまり良くないように思える。特にメールを多用するような人は、かなりストレスを感じることになるだろう。
 音楽プレーヤーに携帯電話機能が付いた、という感覚で利用するなら悪くはないと思う。ただ、巷の音楽プレーヤーも小さく、安くなってきているのも事実。まずはショップの店頭で実物に触ってから購入を検討してほしい。
白根  通称「Music PORTER」、ミュージックプレーヤー機能付き三菱製ケータイ。型番的には253iシリーズで、カメラは搭載するもののエントリーモデルという位置付けだ。
 デザインは横長の、まるで携帯ゲーム機のようなスタイル。ボタン配置も横に広がっているので、両手で打ち分ければ使いやすいとは思う。が、普通のケータイとはボタン配置もデザインも違うので、慣れないとツライ。
 メニューの使い勝手は良好で、とくにカスタマイズできる「ジャンプメニュー」の完成度が高い。ジャンプメニューの各項目は待受状態での数字ボタン長押しでも呼び出し可能で、機能だけでなくアドレスなども割り当てできるなど、自由度も高い。Music PORTERにはミュージックプレーヤー機能やUSB接続機能などがあるが、そういった機能もこのジャンプメニューにより利用しやすくなっているのが嬉しい。
 ミュージックプレーヤー機能は良くできている。楽曲を再生させながらメールやiモードが可能で、さらにプレーヤーと同時利用できないメニューは灰色表示になるなどわかりやすい。また同梱のリモコンや側面の再生ボタン長押しでプレーヤー機能が起動するなど、使いやすくできている。ただアルバムやアーティスト別の再生、プレイリスト再生ができないので、大容量カードに大量の楽曲を保存する使い方には不向きかも知れない。ちなみに楽曲のエンコードや転送のためにパソコンが必須となっているが、まぁこれは機能の性格上、仕方ないだろう。
 ミュージックプレーヤー機能が欲しい人にオススメ。ただしエントリーシリーズの端末で、iアプリに対応せず、液晶も1.8型220×176ドットとスペックや機能でハイエンドシリーズに劣る面が多いのが難点。その点が割り切れない人にはオススメできないケータイだ。


関連記事
ドコモ、音楽プレーヤーケータイ「Music PORTER」を10日発売


URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew1208.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products/mova/musicporter/index.html
  製品情報(三菱電機)
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/mobile/mova/musicporter/



2004/12/20 12:54

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.