ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
903SH(レッド)
2005年8月12日

写真で見る903SH



スウィーベルスタイルを採用したボディ 電池蓋の部分にはシボ加工が施されている

ディスプレイが見える状態のまま、本体を折りたたむことが可能。「ビューアポジション」と呼ばれ、側面ボタンでの操作も行なえる もちろん、折りたたみ状態でのカメラ撮影もできる

ボタン部 右側面には、撮影用ボタンが並ぶ。写真左から、撮影キャンセル、シャッター、メニュー表示、スームアップ・ダウン

左側面にはイヤホンマイク端子、miniSDカードスロットがある 本体左右側面にはスピーカーを搭載。3Dサラウンドに対応する

ヒンジ部分には赤外線通信ポート

320万画素カメラ。光学2倍ズーム、オートフォーカスに対応する 受話口横にはTVコール用インカメラ

付属のビデオ出力ケーブルは、イヤホンマイク端子に装着して利用。撮影した画像やVアプリをテレビ画面で楽しめる ステレオイヤホンマイクも付属。ちなみにマイク付液晶リモコンは別売オプションとなっている

待受画面 メニュー第1階層。メニューデザインを変更できるカスタムメニューのうち、「Vodafone」が選択されている状態 メニュー第2階層

カスタムスクリーン「オリジナル1」を適用した状態のメニュー第1階層 「オリジナル2」のカスタムスクリーン カスタマイズ可能なショートカットメニュー

Bluetooth機能を搭載 Bluetoothの設定画面 世界時計機能

Vアプリの画面などをテレビに表示させられる「外部出力」の設定画面 ボイスレコーダー機能 待受状態から数字キーを押すと、電卓をはじめとした便利機能をリストアップ

メール機能のメニュー 件名とメールアドレスによるフォルダ振り分けが可能

14字×11行表示 11.5字×10行表示 9.5字×8行表示

文字入力システムは「ケータイShoin3」 「カナ英数」のソフトキーを使えば、漢字入力状態からでも直接、数字・アルファベット変換ができる 予測候補には固有名詞も

音楽プレーヤー機能 メール入力時などでも、BGMとして再生可能だ

カメラ撮影画面 各種設定を行なうサブメニュー

ビューアポジションでの撮影時には、画面表示も切り替わる 同様に、サブメニューも画面撮影に適した構成となる

最高解像度(2,048×1,536)での撮影サンプル。光学ズーム「標準」状態で撮影した。リンク先の画像は無加工 最高解像度(2,048×1,536)での撮影サンプル。光学ズーム「望遠」の状態で撮影した。リンク先の画像は無加工

最高解像度(2,048×1,536)での撮影サンプル。リンク先の画像は無加工

仕様で見る903SH

 W-CDMA/GSM(900/1800/1900MHz)方式に対応したシャープ製端末。最大の特徴は、本体内蔵の光学2倍ズーム・320万画素カメラ。オートフォーカス機能も搭載しており、本体側面のシャッターボタンを使えば、ボタン半押しによるフォーカスロックも可能だ。

 本体デザインには、2軸回転のヒンジ機構によって液晶画面の向きを変更できる「スウィーベルスタイル」を採用。デジタルカメラ撮影時やデータの閲覧用途に適した「ビューアポジション」、文字入力をするための「オープンポジション」など、用途に応じて形態を自由に変更することができる。なおメインディスプレイは、QVGA対応の2.4インチASV液晶。

 音楽プレーヤー機能では、SD-AudioもしくはAAC形式のファイルを再生可能。3Dサラウンドスピーカーや付属品のステレオイヤホンマイクを使って音楽を楽しめる。また曲名表示や着信情報の表示に対応したマイク付液晶オーディオリモコンも、オプションとして別売される。

 製品パッケージには説明書類のほかに、バッテリー、充電用アダプタ、ビデオ出力ケーブル、64MBのminiSDメモリカード(SDカード変換アダプタ含む)などが同梱される。ただし卓上ホルダは別売オプションとなっている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
109×50×29mm
重量 約148g
連続通話時間 日本国内(W-CDMA):約150分
GSM:約240分
連続待受時間 日本国内(W-CDMA):約300時間
GSM:約290時間
充電時間 約140分
ディスプレイ 2.4インチ、240×320ドット、26万色表示ASV液晶
表示文字数 14字×11行、11.5字×10行、9.5字×8行
メモリダイヤル 500件(1件につき電話番号3件/メールアドレス3件)
リダイヤル・着信履歴 各10件
データ通信速度 国内(W-CDMA):下り最大384kbps/上り最大64kbps
海外(GSM):下り最大48kbps/上り最大12kbps
ボディカラー レッド、ブラック、ホワイト
備考 光学2倍ズーム・オートフォーカス対応320万画素カメラ、着うたフル対応、Vアプリ(最大1MB)、Vodafone live! BB、音楽プレーヤー機能(SD-Audio/AAC)、動画プレーヤー(SD-Video)、国際ローミング、TVコール、Bluetooth、電子コミック、Flash対応、ボイスレコーダー、赤外線リモコン機能

【インターネットメール】
サービス名 MMS、SMS
利用料 月額利用料金はボーダフォンライブ!に含まれ、月額315円
通信料金は0.21円/パケット(国内通常契約時)
SMS:送信3.15円/1通、受信無料(宛先はボーダフォン端末のみ)
1.5KBのMMS送信時3.15円/1通〜300KBのMMS送信時210円/1通
パソコン・他社携帯からの全角128文字相当までのメールは受信無料。ボーダフォン機種からのメールは容量にかかわらず受信無料。

【着信メロディ】
和音数 最大128和音(着うた・着うたフル対応)
着信音 ・パターン:5種類
・効果音:13種類
・登録済みメロディ:10曲
登録メロディ曲名 Carnival du Brazil
Dancing in the Basement
Summer DreamGroovy Sensation
Raga Song
Rock ’n’ Roll Party
森のくまさん
Techno
Ambient nature
Tanpopo Pomd
和音着メロダウンロード 対応。「データフォルダ」内に保存

【データフォルダ】
データフォルダ容量 約8MB

【Javaアプリ】
保存件数 データフォルダに保存

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 1,536×2,048、1,200×1,600、960×1,280、768×1,024、480×640、240×320、120×160
撮影可能画質 ハイクオリティ、ファイン、ノーマル
撮影可能容量 データフォルダもしくはminiSDカードに保存

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット 3GP、ASF
撮影可能画質 メール添付:大(QCIF)、小(SubQCIF)
長時間撮影:QVGA(3GP)、QVGA(ASF)、大(QCIF)、小(SubQCIF)
撮影可能容量 データフォルダもしくはminiSDカードに保存

スタッフが見た903SH

コメント
森田   320万画素オートフォーカス、しかも光学2倍ズームと、現在の国内携帯電話市場の中にあって、もっとも高スペックなカメラ機能を内蔵するといっても差し支えない端末、それが903SHだ。液晶画面が見える状態のまま端末を折りたたんで「ビューアポジション」にすれば、ほとんど薄型デジカメになってしまうというデザインも、大きな魅力の1つだろう。
 ビューアポジションの状態では、ボディ側面にボタンが5つあるので、シャッターやズーム操作のほかに、設定の変更も可能だ。ただし配置上、カメラ撮影時には人差し指だけでボタン押下せざるを得ない。「受話口部分にカーソルキーがあれば……」とも思うが、いささか贅沢な要望か。なお光学ズーム機能は、基本的に「標準」「望遠」の2段階を切り替える方式。そのため中間的な望遠位置には設定できないことに留意しておきたい。
 「電話」という視点から903SHを見た場合は、W-CDMA/GSMのデュアル端末である点がやはり面白い。同梱される充電用アダプタも100〜240V対応タイプなので、仮に電話・メールを使うアテのない人でも、海外旅行の折には持参して、世界時計代わりに使ったりするのもいいと思う。
 あと注意しておきたい点は、充電台が別売であること。標準付属が当たり前のオプションだと思っていたが……。とはいえ充電用アダプタについても市場全体で扱いが変わってきている。ユーザー側の選択肢が増えたと受けてめておこう。



URL
  製品情報(ボーダフォン)
  http://www.vodafone.jp/japanese/products/model_3G/v903sh/index.html
  製品情報(シャープ)
  http://k-tai.sharp.co.jp/products/v/903sh/

関連記事
ボーダフォン、「903SH」を12日発売
3.2メガAFカメラ搭載で3Dサラウンド対応の「903SH」



2005/08/22 18:15

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.