ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
N701i(ホワイト×シルバー)
2005年9月9日発売

写真で見るN701i



キー配列 外部接続端子と赤外線ポート、マクロ切替スイッチ

本体左側面 右側面にあるminiSDカードスロット

iチャネル起動ボタン。タスク切替時にも利用する 着せ替えを楽しめるスタイルプラスに対応

有効画素数125万画素、記録画素数123万画素のνMaicoviconカメラ 背面のサブディスプレイ

待受画面。デスクトップにショートカットを設定できる ニューロポインターで時刻までポインタを移動させれば目覚まし機能に。日付のところからはスケジュール機能に メインメニュー

メニュー第2階層 メニューボタンを2回押すと表示される「オリジナルメニュー」 メニュー第3階層

アイコンなどを一括変更できる プリセットの「Disneyモード」

待受画面。画面下部にiチャネルで取得した情報がテロップ表示される iチャネル専用ボタンを押すことで表示される一覧画面。ここまでは、iチャネルの利用料に含まれるが、詳細情報にアクセスすると通信料が発生する

iチャネルの設定はここから行う iモードでアクセスして設定する

メールメニュー メール設定 フォルダへの自動振り分け設定

日本語入力では予測変換をサポート 10字×9行表示 12字×10行表示

15字×13行表示 例文表示

静止画撮影画面 サブメニュー 左ソフトキーを押すと表示される設定切替メニュー

動画撮影画面。インターフェイスは静止画撮影と同じ サブメニューからモードを切り替られる

曇天の都内を撮影したサンプル画像。リンク先は1,280×960ピクセル、無加工 リンク先は1,280×960ドットのサンプル画像

仕様で見るN701i

 着せ替えパネル「スタイルプラス」に対応するNEC製FOMA端末。背面液晶周辺に配されたスタイルプラスは、バッテリーカバーのように取り外し可能。パネルにあわせてメニューアイコンなどを変更できる機能「スタイルモード」が用意されており、プリセットの「Disneyモード」を選択することもできる。

 有効画素数125万画素、記録画素数123万画素のνMaicoviconカメラを搭載し、256MBまでのminiSDカードが利用できる。メインディスプレイは240×345ドット(QVGA+)、65,536色表示のTFT液晶で、サブディスプレイは0.9インチ、120×30ドットのモノクロSTN液晶。

 701iシリーズ共通機能として、着うた・着モーション、テレビ電話、キャラ電、デコメールなどに対応している。また、新たに開始された情報配信サービス「iチャネル」もサポートされている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
102×48×23mm
重量 約112g
連続通話時間 約130分
テレビ電話時:約80分
連続待受時間 約 430時間(静止時)、約 350時間(移動時)
充電時間 約120分
ディスプレイ 約2.3インチ、65,536色表示、TFT液晶
240×345ドット
表示文字数 15字×13行、12字×10行、10字×9行
メモリダイヤル 700件(1件につき、電話番号4件・メールアドレス3件まで登録可能)
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 最大下り384kbps(パケット通信時)、最大下り64kbps(回線交換時)
ボディカラー ホワイト×シルバー、ブラック×ブラック、ライトブルー×ブラウン、オレンジ×ブラウン

【iアプリ】
iアプリ件数 最大100件
登録済みiアプリ Gガイド番組表リモコン、ぷよぷよフィーバーN

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 料金プランに依存(パケットパックにより1パケット0.02〜0.2円)
メール受信機能 最大全角5,000文字(添付ファイルは最大500KB)
メール送信機能 最大全角5,000文字(添付ファイルは最大500KB)
メール保存件数 受信:最大1,000件
送信:最大400件

【着信メロディ】
和音数 最大50和音(着うた、着モーション対応)
着信音 ・パターン:11種類
・登録済みメロディ:10曲
・ダウンロードメロディ:最大200件
登録メロディ曲名 Sugar Baby Love
Mickey Mouse March
Wonderful Moments
木星
G線上のアリア
ノクターン
アイーダ
夢路より
ジュトゥブ
月光・第三楽章

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 1,280×960、640×480、352×288、240×345、240×320、176×144、128×96
撮影可能画質 スーパーファイン、ファイン、ノーマル
撮影可能容量 内蔵メモリに約90枚(176×144)。miniSDカードにも保存可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット 3GP形式(MP4)
撮影可能画質 128×96、176×144
撮影可能容量 内蔵メモリに約280秒。miniSDカードにも保存可能

スタッフが見たN701i

コメント
湯野  一見して「えっ、これがドコモのN?」と目を疑いたくなるようなフォルム。スクエアなデザインで、スタイルプラスによる着せ替えにも対応している。個人的な感想を言わせてもらえば、たしかに新鮮さはあるのだが、高級感漂う今までのドコモのNとは異なり、やや質感が劣るような気がする。特に側面の塗りなどを見ると、そう感じてしまう。もっとも、こればっかりは個人の趣味の問題なので、店頭で実物を見ていただくのが一番だ。
 機能面で注目されるのは、新サービスの「iチャネル」だ。内容としては、ボーダフォンのPDC端末を使ったことがある人には馴染みがあるであろう「ステーション」というサービスに近い。月額157.5円でニュースや天気予報、占いなどの最新情報の概要がプッシュ配信される。さらに詳しい情報を得るにはiモードサイトに接続する必要があるが、概要部分だけならパケット代もかからない。
 携帯電話の場合、通信環境が不安定で、知りたいと思った時にネットに繋がらないということもある。その点、概要だけでも最新の情報が常に端末内にあるというのは心強いし、暇つぶしにもいい。
 実際に購入するとなると、端末の販売価格が1世代前の901iシリーズとほぼ同じ価格帯になっているところが実に悩ましい。購入のポイントはデザインとiチャネルということになるだろう。
関口  先代モデルとなる「N700i」から、大きく外観を変更した「N701i」。iモードコンテンツを積極的にタッチしないユーザー層に向けた新サービス「iチャネル」に対応しているが、デザイン面だけ見ると、ケータイをアクティブに使いたい人にもオススメしたくなる。数字キーやメインディスプレイ周辺の質感は、写真よりも良い塩梅に仕上げられている。その一方で、側面の塗装部分が数字キーなどの質感と異なる印象で、少々アンバランスに感じられた。着せ替えを楽しめる、とのことだが、オプションで最初から用意されるパネルは複数用意されているものの、全面一色というデザインで、私は「オプションパネルを着けると違和感があるかも」と感じてしまった。今後、登場するであろう、さまざまなバリエーションに期待したいところだ。
 一通り操作してみたが、レスポンスは少々もっさりしているように思える。メインメニューやメールは「押すとすぐ動く」というほどではない。しかし、カメラの設定切替メニューはそれらよりも反応が良く、撮影を楽しめるのではないだろうか。この設定切替メニューは、非常にわかりやすいツクリなのだが、左ソフトキーを押して呼び出す形になっている。撮影画面で方向決定キーを押すと設定切替メニュー、という形になってくれたほうが、個人的には嬉しいところだ。



URL
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/701i/n701i/
  製品情報(NEC)
  http://www.n-keitai.com/n701i/

関連記事
スタイルプラスで着せ替えできる「N701i」



2005/09/09 18:53

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.